カテゴリー
豆知識 ホイールの知識 ライターチーム インチアップ インチダウン

夏と冬でタイヤのサイズが違うのは大丈夫?サイズ変更のメリットやデメリットを紹介

「夏タイヤと冬タイヤを交換する際に、サイズが違うのは大丈夫?」このような疑問を持っていませんか?

タイヤのサイズを変更することで、車の走行にどのような影響があるのか気になる方もいるでしょう。サイズを大きくするか、小さくするかも悩みますよね。

本記事では、夏と冬で違うサイズのタイヤを装着するメリットやデメリット、装着時の注意点などを紹介します。

夏と冬で違うサイズのタイヤを装着しようと考えている方には参考になる内容なので、ぜひご覧ください。

夏タイヤと冬タイヤではそもそもサイズが違う?

夏タイヤと冬タイヤではそもそもサイズが違う?

タイヤは夏用と冬用で表示インチは同じでも、実物はサイズ(横幅)が異なる場合があります。
サイズの誤差についてはJATMA(日本自動車タイヤ協会)が規定する範囲内なので、とくに問題はありません。

一般的に夏用よりも冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)のほうが大きく設計されています。なぜならスタッドレスタイヤのデザインは、夏タイヤよりもタイヤのショルダー部分を角ばっているからです。

ショルダー部分を角ばったデザインにすることで、地面への設置面が増えてグリップ力がアップします。

夏用と冬用タイヤは同じサイズ表記でも、実際には性能面の違いによってデザインが異なり、サイズが違うように見えることもあります。

夏タイヤと冬タイヤはサイズが違っても大丈夫?

夏タイヤと冬タイヤはサイズが違っても大丈夫?

同じサイズ表記でも夏用よりも冬用タイヤのほうが、デザインや性能の関係上、大きく設計されています。

ではデザインや性能など関係なく、夏用と冬用で異なるサイズのタイヤを装着することはできるのでしょうか。

サイズが異なるタイヤの交換は可能ですが、本記事でも紹介している「夏と冬でサイズが違うタイヤを装着する場合の注意点」を把握したうえでタイヤ交換することが大切です。

タイヤのサイズ変更は、グリップ力や乗り心地など走行に影響を与える可能性があります。そのなかには、いい影響もあれば悪い影響もあるでしょう。

タイヤのサイズを変更することで、自分好みのデザインを楽しめるメリットがあります。ただし、走行性能が低下する恐れもあるため、メリットとデメリットを考慮してサイズ変更することが大切です。

夏と冬でサイズが違うタイヤを装着する場合は2つの方法がある

夏と冬でサイズが違うタイヤを装着する場合は2つの方法がある

夏と冬でサイズが違うタイヤを装着する方法は、以下の2つです。

● 小さいサイズから大きいサイズに変更するインチアップ
● 大きいサイズから小さいサイズに変更するインチダウン

なおここで紹介するサイズ変更は、あくまでホイールサイズを変えてタイヤの見た目を変化させることです。

それぞれの変更方法について、確認しましょう。

小さいサイズから大きいサイズに変更するインチアップ

インチアップとは、タイヤのサイズはそのままでホイールのみを大きくしタイヤの厚みを薄くすることです。

タイヤ自体のサイズは変わりませんが、ホイールを大きくすることでタイヤ全体の見た目サイズは変わります。

インチアップのメリットとデメリットについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

なお、インチアップのメリットとデメリットについては、以下の記事でも紹介しています。

インチアップのメリット

インチアップには、以下のメリットがあります。

● 見た目がかっこよくなる
● ハンドリングの反応が早くなる
● グリップやブレーキ性能などが向上する


インチアップにより見た目のサイズが大きくなることで、足元が締まったデザインでかっこよく見えます。

また、インチアップによりハンドリングの反応が早くなるため、車の向きを変える際のクイックなハンドル操作が好きな方におすすめです。

さらにタイヤが薄くなり設置面が広くなることで、グリップやブレーキ性能の向上も見込めるでしょう。

インチアップのデメリット

一方インチアップのデメリットは、以下のとおりです。

● 乗り心地が悪く感じる可能性がある
● 燃費が悪化する可能性がある
● タイヤとフェンダーの間に隙間ができる

インチアップはタイヤの幅が広くなるため、騒音が大きくなったりハンドルが重く感じたりする恐れがあります。

タイヤの接地面が増えて抵抗が増加することで、燃費の悪化につながる可能性もあるでしょう。

またインチアップしてもタイヤの外径は変わらず薄くなるだけなので、タイヤとフェンダー部分に隙間が生じます。

大きいサイズから小さいサイズに変更するインチダウン

インチダウンとは、タイヤのサイズは変えずにホイールのみサイズダウンすることでタイヤの厚みを出すことを指します。

インチアップとは異なる効果があるため、目的に合わせたインチダウンが重要です。インチダウンのメリットとデメリットについても、それぞれ詳しい内容を見ていきましょう。

なお、インチダウンについては、以下の記事でも紹介しているので参考にしてください。

インチダウンのメリット

インチダウンのメリットには、以下の2点があります。

● サイズダウンにより購入価格が下がる
● ソフトな乗り心地になる

インチダウンすることでホイールのサイズが小さくなり、購入価格が安く済む可能性があります。もちろん必ずではありませんが、安く購入したい方にはおすすめの選択肢のひとつでしょう。

またタイヤの接地面が少なくなることで、車への振動が減り、ソフトな乗り心地になるのもメリットです。

インチダウンのデメリット

インチダウンすることで、以下のデメリットにつながる可能性があります。

● 見た目が小さくなりかっこ悪く感じる
● 走行時にふらつきやすくなる

見た目に関しては人それぞれ好みは異なりますが、インチダウンで見た目のサイズが小さくなると緩い印象になり、スタイリッシュで引き締まった印象とはかけ離れます。

またタイヤにたわみが生じることで、走行時のふらつきや不安定なコーナリングにつながる恐れがあるでしょう。

それぞれのメリット・デメリットを把握し、ご自身の好みに合わせて選択しましょう。

夏と冬でサイズが違うタイヤを装着する場合の注意点

夏と冬でサイズが違うタイヤを装着する場合の注意点

夏と冬でサイズが違うタイヤを装着する場合の注意点は、以下の5つです。

  1. 荷重指数を下げない
  2. タイヤの外径を変えない
  3. 車体に干渉しないサイズを選ぶ
  4. ボディからタイヤがはみ出しすぎない
  5. 空気圧を確認する

それぞれ具体的な内容を解説するので、サイズの違うタイヤを交換する際の参考にしてください。

なおここで紹介するサイズ変更は、タイヤ自体のサイズ変更ではなく、ホイールサイズを変更することでタイヤの見た目や性能が変わることを指します。

1.荷重指数を下げない

荷重指数とは「ロードインデックス」ともいわれており、タイヤが支えられる重さを示す数字です。

たとえば、『205/50R16 87V』のようなタイヤのサイズ表記なら、ロードインデックスは「87」で、タイヤが支えられる重さは545kgです。

ロードインデックスが足りないと、走行中タイヤにアクシデントが発生する恐れがあります。

ロードインデックスについては、以下の記事を参考にしてください。

2.タイヤの外径を変えない

インチアップやインチダウンによりタイヤホイールのサイズを変更する場合、タイヤの直径である外径を変えないことが重要です。

なぜならタイヤの外径が大きすぎると、タイヤが車体に接触し、走行中の損傷やバーストなどのリスクが高まるからです。

また、スピードメーターや走行距離に誤差が生じる恐れもあるため、タイヤのサイズは外径はできるだけ差を出さないように注意しましょう。

3.車体に干渉しないサイズを選ぶ

タイヤホイールのサイズを変更する場合、車体に干渉しないサイズを選ぶことが重要です。車体に干渉するサイズを装着すると、走行時のトラブルだけでなく車検に通らない可能性もあります。

とくにフロントタイヤの場合はハンドリングの際に車体に干渉しやすいため、思い切りハンドルを切っても問題ないか確認することが大切です。

ご自身で判断するのが難しい場合、ディーラーやカー用品店などの専門スタッフに相談しましょう。

4.ボディからタイヤがはみ出しすぎない

タイヤホイールのサイズを変更する場合、車体への干渉以外にも横側にタイヤが突出しすぎないよう配慮することが大切です。

もっとも外側がタイヤ部分の場合は10mm未満までの突出なら問題ありませんが、それ以上の突出がある場合車検に通りません。

なお10mm未満の突出でもホイールがタイヤ部分よりもはみ出している場合、車検に合格できないので事前に確認しましょう。

5.空気圧を確認する

インチアップする場合はタイヤの厚みが薄くなるため、タイヤの空気圧が下がります。

タイヤの厚みが薄くなっただけでは、見た目から空気圧の変化はわかりません。そのためインチアップした後は、エアゲージを使い空気圧を数値で確認しましょう。

空気圧が低い状態が続くとタイヤが車を支えるための耐久力が落ちていき、タイヤのパンクや走行時の安定性の低下などにつながります。

タイヤホイールのサイズ変更にかかわらず、空気圧は定期的にチェックして安全な状態で運転しましょう。

タイヤのサイズに関するよくある質問

タイヤのサイズに関するよくある質問

タイヤのサイズに関するよくある質問は、以下の3つです。

  1. 前後でタイヤのサイズが違うのは大丈夫?
  2. スタッドレスタイヤはインチダウンしたほうがいい?
  3. タイヤサイズの見方は?

それぞれの質問に対し、わかりやすく回答します。

1.前後でタイヤのサイズが違うのは大丈夫?

前後でタイヤのサイズが違うこと自体は、とくに問題はありません。

たとえばスポーツカーの場合、駆動力を効率よく路面に伝えるために前後のタイヤサイズを変えることがあります。

ただし、前後で性能があまりにも違うタイヤを装着したりサイズが違いすぎるものを合わせたりすると、走行が不安定になる恐れがあるため避けたほうがいいでしょう。

2.スタッドレスタイヤはインチダウンしたほうがいい?

スタッドレスタイヤを装着する際、必ずしもインチダウンすべきではありませんが、インチダウンすることで以下の効果が期待できます。

● タイヤの幅が小さくなる
● 車の重さが一点に集中しやすくなる
● 接地面の圧力が増えることで雪道で滑りにくくなる

ただし、それほど大きな変化ではないため、好みで選択しましょう。

3.タイヤサイズの見方は?

タイヤサイズは「175/65R14 82S」のような表記で示され、それぞれ以下のような意味を持っています。

表記記号 意味
175 タイヤの幅を表す数字(175mm)
65 タイヤの断面層に対する高さの比率を表す扁平率(65%)
R ラジアル構造のタイヤであることを示す記号(内部の繊維層が進行方向に対して直角に編み込まれている)
14 リム径といわれるホイールの直径を示す数字(14インチ)
82 ロードインデックスといわれるタイヤが耐えられる重さの指標を表す数字(82=475kg)
S そのタイヤが走行できる最大速度を表す(S=時速180km)

それぞれの記号の詳細をはじめ、タイヤサイズの見方については以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

夏タイヤと冬タイヤはサイズが違うものを装着しても大丈夫

夏タイヤと冬タイヤはサイズが違うものを装着しても大丈夫

夏タイヤと冬タイヤでは、設計上の理由やメーカーの違いなどによってサイズが異なります。走行において、サイズが異なることによる問題はとくにありません。

夏から冬へ向けてスタッドレスタイヤに変更する場合、インチアップやインチダウンなど、意図的にホイールのサイズを変更することも可能です。

ホイールのサイズ変更は乗り心地や走行性能に影響を及ぼすため、目的に合ったサイズ変更を行いましょう。

タイヤ/ホイールをかんたん検索!人気サイズやSUV/ミニバン専用タイヤのクイック検索やインチ指定のホイール検索、人気車種のおすすめタイヤ・ホイールセットをご紹介!

タイヤ/ホイールの検索はこちら

タイヤワールド館ベストは全全国に約4,000の提携店舗があり、タイヤに関する相談を随時受け付けております。

ホイールのサイズ変更をはじめ、タイヤに関するさまざまなことにお悩みの方は、タイヤワールド館ベストの提携店舗を検索して、ぜひお気軽にご相談ください。

全国約4,000店の提携店!ベストのタイヤ交換

全国どこでも約4,000店の提携店!ベストのタイヤ交換

多賀城店
多賀城店
TEL: 022-366-7811
住所:宮城県多賀城市八幡1-1-5
アクセス:仙台国道45号線沿い
営業時間:10:00~19:00
カテゴリー
サマータイヤ タイヤ知識 トーヨータイヤ スタッフ片柳 タイヤ交換

ドライバーに喜ばれる理由 TOYOプロクセスシリーズの人気の秘密

皆さんこんにちは!タイヤワールド館BEST仙台本店の片柳です!

今回は、日本・海外で人気の多いタイヤ、”TOYOTIRES”のPROXESシリーズをご紹介していきます。

PROXESシリーズは、高速安定性を基本にあらゆる状況下において常に高いパフォーマンスを発揮し、その類まれなる実力が、海外で高い評価を獲得しています!

PROXESシリーズ「ただ走ることだけがドライビングの楽しさではない」を掲げています。PROXESシリーズの魅力をたっぷりご紹介していきますので最後までご覧ください!

プロクセスシリーズ

cf3画像

PROXESシリーズはトーヨータイヤで作られているタイヤになっていて、種類に分けると10種類ほどあります。

トーヨータイヤでは、【ただ走ることだけがドライビングの楽しさではない。高速安定性を基本にあらゆる状況下において常に高いパフォーマンスを発揮すること。それが「PROXES」に与えられたフィロソフィー。その類まれなる実力が、海外で高い評価を獲得している。】と掲げています。

多くの車種に対応しており、また乗り方によっても多くの選択肢があります。

プロクセスシリーズの種類

cl1suv画像

プロクセスシリーズにはノーマルタイヤの他に、Motorsports用タイヤもありこちらがラインナップになります。
以下のように表にまとめました。

ノーマルタイヤ Motor Sports用 タイヤ
PROXES sports SUV PROXES R1 R
PROXES STⅢ PROXES R888 R
PROXES TR1 PROXES R8788 R Drifut
PROXES sports 2
PROXES comfort Ⅱs
PROXES CF3

それぞれの特徴をご紹介させて頂きたいと思います。

ノーマルタイヤ

PROXES sports SUV

プロクセススポーツSUV

公式サイトへ

ウェット性能に秀でたプレミアムスポーツSUV専用タイヤです。路面接地時の接地面積を保持するダイナミックテーパーを採用し、さらにバレルルーフリブを用いることで、接地圧の均一化を実現しています。接地圧を分散し、操縦安定性能やブレーキ性能の向上しています。

PROXES CL1 SUV

画像の説明

公式サイトへ

上質な静粛性・室内空間を楽しめるSUV専用低燃費タイヤです。リブ基調非対称パターン、非対称ブロックピッチ配列によるパターンノイズ低減を図り、快適なドライブを楽しめます。

また、SUV専用設計によりロスのない接地状態がロングライフを実現します。

PROXES STⅢ

st3画像

公式サイトへ

アグレッシブなデザインとウェット性能を追求したSUV専用ラグジュアリードレスアップタイヤです。方向性のあるアグレッシブでかつスポーティーなデザインです。

また、ウェット路面でのブレーキ性能と操縦安定性を考え抜いた設計になっています。

PROXES TR1

tr1画像

公式サイトへ

確かなグリップ力と圧倒的な存在感を放つスポーティータイヤです。機能性とデザイン性の両立を可能にした非対称トレッドデザインになっています。

高剛性リブと高剛性ビードフィラーにより操縦安定性を高め、スポーティな走りを実現しています。

PROXES sports 2

sport2画像

公式サイトへ

高次元のハンドリング性能とブレーキ性能を実現。環境にも配慮したプレミアムスポーツタイヤです。細部までこだわった非対称パターンデザインで、高次元のスポーツハンドリングを実現し、スポーティな走りを実現しています。

また、柔軟性と剛性を両立したコンパウンドでブレーキ性能とハンドリングがグレードアップしています。

PROXES STⅢ

st3画像

公式サイトへ

アグレッシブなデザインとウェット性能を追求したSUV専用ラグジュアリードレスアップタイヤです。方向性のあるアグレッシブでかつスポーティーなデザインです。

また、ウェット路面でのブレーキ性能と操縦安定性を考え抜いた設計になっています。

PROXES comfort Ⅱs

comfortⅡs画像

公式サイトへ

上質なクルージングを追求し、環境性能も進化させたプレミアムコンフォートタイヤです。非対称ブロックピッチ配列とイン側に配置したラテラルサイプがノイズを低減し、快適な車内空間を実現する高い静粛性と、上質な走り心地と操縦安定性の両立をしています。

PROXES CF3

cf3画像

公式サイトへ

低燃費性能とウェット性能を高次元でバランスした、コンフォートタイヤです。低燃費コンパウンドと機能性を追求した非対称トレッドパターンの組み合わせにより、スムーズで快適な走りに貢献しています。

Motor Sports用

PROXES R1 R

r1r画像

公式サイトへ

高いグリップ力を秘めたリアルスポーツラジアルです。接地面積を拡大するワイドトレッドパターン、高いケース剛性でコーナリング時の変形を抑えるハイスチールサイドプライによる、無類のグリップ性能を発揮しています。

また、ウェットグリップ性能が、安定感のある走りを実現しています。

PROXES R888 R

r888r画像

公式サイトへ

走りを追求したモータースポーツ用タイヤです。
高いドライグリップ性能と優れたトラクション・コントロール性能を実現しています。

PROXES R8788 R Drifut

r888r_drift画像

公式サイトへ

ドリフト競技向けにチューンしたモータースポーツ用タイヤです。高いドライグリップ性能と優れたトラクション・コントロール性能を実現しており、それに加えて、主にドリフト競技向けにスペックをチューンしています。

トーヨータイヤの価格帯はどのくらいなの?

price

日本の4大タイヤメーカーの一つであるトーヨータイヤは、一般ユーザーからカスタム好きのマニアックユーザーまで幅広い層から支持されています。

車のボディタイプに合わせた専用タイヤの種類が豊富で、世界的にも高い品質のタイヤメーカーとして認知されています。また、「トーヨータイヤはなぜ安い?」といった疑問を持つ方もいるかもしれませんが、新車の純正タイヤに選ばれるほど品質が高いことは間違いありません。

そのため、品質が高いにもかかわらずリーズナブルな価格で販売しているため、コスパ重視でタイヤを選ぶ方にもおすすめのメーカーです。

トーヨータイヤのプロクセスシリーズが支持される理由とは?

プロクセスシリーズが支持される理由

トーヨータイヤのPROXESシリーズが維持されている理由は、低燃費と高いグリップ性能を両立し、従来のタイヤでは、燃費性能と安全性能はトレードオフの関係にありましたが、PROXESシリーズは最新の技術によってこの問題を解決しております。

優れた環境性能と走行性能を両立することで、ドライバーの安全性と環境への配慮を両立しています。また、幅広い車種に対応している為、多くのニーズに応えることが出来ます。

価格を抑えつつも上質な静粛性を求めるなら?

PROXES CL1 SUVやPROXES comfort Ⅱsがおススメです!

PROXES CL1 SUV PROXES comfort Ⅱs

タイヤというのは「価格=性能」といっても過言ではありません。しかし、安いからと言ってものすごく性能が悪いわけではありません。価格がリーズナブルで性能も求めると、このPROXESシリーズはおススメです。

多くの車種に対応しており、機能面でも静粛性や走行性能、それぞれ分かれており、今回でいうと静粛性を求めるのであればPROXES CL1 SUVやPROXES comfort Ⅱsがおススメになってきます。

逆に走行性能を求めるなら?

PROXES sports SUVやPROXES sports 2がおススメです!

PROXES sports SUV PROXES sports 2

こちらは、静粛性よりも、高次元のハンドリング性能やブレーキ性能を実現しているタイヤになっています。また、車種ごとにもタイヤが分かれておりSUV専用やそれ以外などでも分かれている為、選択肢も増える為おススメです!

PROXESシリーズの豆知識

実は、PROXESシリーズは当初海外向けに販売しており日本では販売していませんでした。走行性と安定性を追求し欧米でも高い評価を得たプレミアムタイプです。

今では、TOYO TIRESのPROXESシリーズとして日本では販売されていますが、昔は海外でPROXESタイヤがメインでした。PROXESタイヤが海外での評判を経て日本でも販売しようとなりTOYO TIRESのPROXESシリーズとして日本で販売が始まりました。

PROXESシリーズの多くは非対称パターンを採用し操縦安定性を向上させ、低燃費タイヤのCF2ではトレッド配合技術によってェットグリップ性能と低燃費性能を両立させています。

まとめ

記事のまとめ

今回はTOYO TIRESのPROXESシリーズについて解説させていただきました。PROXESシリーズは幅広い車種に対応し、リーズナブルな価格で、性能も抜群の為、多くの方に支持されています。

「価格=性能」とよく耳にされると思いますが、PROXESシリーズは価格はリーズナブルだがそれ以上の性能があると思います。仙台本店では今回紹介したPROXESシリーズを展示しております。

また、多くのタイヤを兼ね備えておりますので少しでも興味を持っていただけたなら是非、仙台本店までお越しください!スタッフ一同お待ちしております!

カテゴリー
スタッフ嶺岸 タイヤ知識 タイヤ交換

ラジアルタイヤとは?その特徴とメリットを徹底解説

車の性能や安全性を左右する重要な要素の一つがタイヤです。
車の乗り心地や安全性を向上させるために、タイヤの進化は常に進んでおりその中でも特に注目されるのがラジアルタイヤ。

ラジアルタイヤは他のタイヤと何が違うのか、どんなメリットがあるのか気になりませんか?今回は、ラジアルタイヤの基本的な特徴や利点について詳しく解説していきます。

ラジアルタイヤとは?ノーマルタイヤと違うの?

ラジアルタイヤとは?

車のタイヤには様々な種類がありますが、その中でも最も一般的なのがラジアルタイヤです。しかし、多くの人にとってラジアルタイヤとは一体何なのか、またノーマルタイヤといわれている通常のタイヤとの違いは何なのか・・と疑問に思うこともあるでしょう。

タイヤにはラジアルタイヤとバイアスタイヤがあり、タイヤの内部構造が異なります。ラジアルタイヤは安定性・操縦性・高速性能が優れたタイヤで、街乗りに適した構造になっており普段使用しているのもラジアルタイヤ(乗用車用のタイヤ)になります。

ではその構造とは、どのようになっているのでしょうか。

ラジアルタイヤとは

ラジアルタイヤ構造

引用:ヨコハマタイヤ

タイヤ内部の繊維層(カーカス)が放射状(ラジアル)に配置されたタイヤのことをいいます。この構造により、路面との接地面が広く、優れたグリップ力と安定した走行性能を実現。

また、耐久性が高く、乗り心地が快適であるため乗用車やスポーツカーで広く使用されています。

バイアスタイヤといわれるタイヤがありますがそのバイアスタイヤと比較すると、ラジアルタイヤは経済性や安全性において優れていますが、初期費用が高いというデメリットもあります。

では次にそのバイアスタイヤとラジアルタイヤの違いを何か解説していきます。

ラジアルタイヤとバイアスタイヤの違い

ラジアルタイヤとバイアスタイヤの違いは中の構造です。

ラジアルタイヤ内部構造

バイアスタイヤ内部構造

特徴 ラジアルタイヤ バイアスタイヤ
構造 放射状に配置 斜めに交差
グリップ力 高い 中程度
乗り心地 良い 硬い
耐久性 高い 中程度
コスト 高め 低め

ラジアルタイヤの構造と性能

ラジアルタイヤの構造と性能

ラジアルタイヤは、1950年代にミシュランが開発したタイヤの一種です。上記ラジアルタイヤとはでもお伝えしましたが、タイヤ内部の繊維層(カーカス)が放射状(ラジアル)に配置されたタイヤのことをいいます。

ラジアルタイヤは車の重量を均等に分散する構造をしているので、路面との接触を最適化し、乗り心地が向上、振動も抑えられます。均等な接地圧が安定したハンドリングを実現し衝撃吸収性能が高く、路面の凹凸をスムーズに吸収してくれ快適な乗り心地を体感できます。

メリット
安全性 高いグリップ力により急ブレーキやカーブでも安定した走行が可能
経済性 耐久性が高く交換頻度が少ないため、長期的にコスパが良い
快適性 衝撃吸収性が高く、長時間のドライブも疲れにくい
デメリット
初期費用が高い 購入時のコストがバイアスタイヤよりも高い
適合車種が限定 一部の車種や特殊用途には適していない場合がある

バイアスタイヤの構造と性能

タイヤ内部の繊維層(カーカス)が斜め(バイアス)に交差して配置されているタイヤです。
荷重分散が比較的均一で、重い荷物を運ぶ車両に装着されることが多く、荒れた道路やオフロードでの使用に適しています。
分かりやすいものだと、農業機械や一部のトラックによく使用されています。

乗り心地やグリップ力、耐久性などの点でラジアルタイヤに劣るため、使用用途を見極めて選ぶことが重要です。

メリット
安全性 構造上、側面が厚くなるため外部からの衝撃や切り傷に強くなります。悪路や未舗装道路でも安定して使用できます。
経済性 製造コストが低いため購入価格が安価です。
定期用車種多様 トラクターや建設機械、二輪車など特定の用途で高い評価を得ています。
デメリット
快適性 硬さによる乗り心地の悪さ、柔軟性が低く路面の凸凹をダイレクトに感じやすいです。
コスパ 摩耗が早い。ラジアルタイヤに比べて寿命が短く頻繁な交換が必要。転がり抵抗が高く燃費が悪化する傾向がある。

ラジアルタイヤは安全性が向上

ラジアルタイヤのウェット性能

ウェットグリップ性能、ハイドロプレーニング防止など安全面でのメリット

ウェットグリップ性能を向上させるための特殊なゴム化合物が使用されています。
これにより、濡れた路面でも高い摩擦力を発揮し、ブレーキ性能やコーナリング性能が向上します。また、ラジアル構造によりタイヤの接地面積が均一に広がり、ウェットコンディションで安定したグリップを実感できます。
ラジアルタイヤはの構造、縦方向の溝が深く、横方向の溝も効果的に配置されていることにより、雨天時の水を効果的に排出し、タイヤと路面の接触を最大限に保つことができます。これにより、ハイドロプレーニング(アクアプレーニング)のリスクが低減します。

燃費効率を改善

燃費

ローリング抵抗が小さいことによる燃費向上効果

上記でお伝えしたラジアルタイヤの構造は、タイヤの変形を最小限に抑える為、ローリング抵抗を低減させます。ローリング抵抗が小さいことで、車両を動かすために必要なエネルギーが減少し、エンジンの負荷が軽減され、燃料消費量が少なくなります。

また、ローリング抵抗が低いとタイヤの摩耗も比較的少なくなります。
タイヤの寿命が延び、交換頻度が減少するため、さらなるコスト削減が期待できます。

結果として、燃料費やタイヤの消耗頻度削減による経済的メリットをもたらします。

まとめ

今回はラジアルタイヤの特徴をバイアスタイヤと比較しながら解説させていただきました。ラジアルタイヤは、自動車用タイヤの一種のことを指し、構造や性能が特徴的なタイヤだいう事はご理解頂けましたでしょうか?

ラジアルタイヤは、優れた性能と安全性から、現代の乗用車に多く装着されています。さらに信頼できるブランドのタイヤを選ぶことで、より快適なカーライフを楽しむことができるので、用途に合った最適なタイヤ選びの参考になれば幸いです。

カテゴリー
豆知識 スタッフ嶺岸

【タイヤのプロが解説】タイヤラック選びのポイントと寿命を伸ばす保管方法

タイヤの寿命を延ばすためには、適切な保管が重要です。
特に注意が必要なのはタイヤが長期間保管される場合や、シーズンオフの間に保管するときです。適切な保管方法を選ぶことによりタイヤの劣化や摩耗を最小限に抑えることができます。

当記事ではタイヤラックを選ぶ際の重要なポイントと、タイヤの寿命を延ばすための効果的な保管方法についてご紹介しています。

タイヤの保管方法のお悩みであればぜひ参考にしてみてください。

タイヤラックとは

タイヤラック

タイヤ 保管・収納するためのもの

タイヤラックとはタイヤを整理して保管するための専用のラックのことをいいます。タイヤラックを使用することで、野ざらしでタイヤを保管している場合には外部要因による劣化リスクが高まります。ご自身でタイヤを保管する場合はタイヤラックを使用して適切に保管を行うことをおすすめします。

タイヤの劣化を防ぎ寿命を伸ばす

タイヤラックはタイヤを傷害や汚れから保護する役割を持っています。タイヤを直接地面に置いたり、他の物と接触させたりすることで、タイヤの側面やリムが傷つくリスクがあります。タイヤラックを使うことで、タイヤを保護し劣化を防ぐことができます。

また、タイヤラックを使用することによりタイヤの空気圧を維持しやすくなります。空気圧が不足したまま保管するとタイヤの偏摩耗や変形が進み、劣化が早まります。タイヤが適切な形で保管されることで、外傷を防止し、タイヤの寿命を延ばすことができます。

タイヤラックを使用するメリットデメリット

メリットデメリット

タイヤラックを使用するメリット

● 整理ができてタイヤを保護してくれる
● 劣化を防ぐ
● 取り出しも移動もラクラク
整理ができてタイヤを保護してくれる

タイヤラックはタイヤを整理して保管することができます。タイヤが立てかけられたり積み重ねられたりすることで、タイヤの変形や偏摩耗を防ぐことができます。また、タイヤラックにはタイヤを保護するためのクッションやパッドが付いていることがあるので少しの影響(地震での振動や風での摩擦など)でもタイヤラックを使用していれば安心してタイヤを保管しておくことができます。

劣化を防ぐ

タイヤラックを使用することで、タイヤを適切な環境で保管することができます。直射日光や高温、湿度の影響を受けにくくし、タイヤの劣化を防ぐことができます。

取り出しも移動もラクラク

タイヤラックを使うと、タイヤの移動や取り出しが簡単に行えます。特にフロアスタンドタイプ(※1)のラックは移動が簡単で、タイヤの交換や保管がスムーズに行えます。

ラック画像

引用:Amazon

タイヤラックを使用するデメリット

● スペースが必要
● コストがかかる
● 組み立てや取り付けの手間がある

タイヤラックはメリットだけ・・と思いきやデメリットもあります。購入する前にデメリットも覚えておくと良いでしょう。

スペースが必要

タイヤラックを設置するためには、ある程度のスペースが必要です。特に壁掛けタイプの場合は壁面のスペースが必要となります。※2

画像の説明

引用:Amazon

タイヤラックを設置する場所には制約があります。特に壁掛けタイプの場合は壁の耐荷重や取り付け方法に制限があります。

コスト

タイヤラックは一定のコストがかかる場合があります。材質により価格が異なり高品質なタイヤラックを選ぶと、コストがかさむことがあります。

組み立てや取り付けの手間

タイヤラックは組み立てや取り付けが必要な場合があります。初めての場合や道具が必要な場合もあり、手間がかかることがあります。

タイヤラックの選び方

選び方

適切なサイズやタイプを選ぶ

タイヤラックのサイズはタイヤの直径と幅によって指定されます。
例えば、「15インチタイヤ用のタイヤラック」というように、タイヤの直径に合わせてラックを選ぶことが重要です。また、タイヤの幅にも注意が必要で、適切な幅のタイヤが収納できるラックを選ぶことが大切です。

最大耐荷重を確認して選ぶ

タイヤラックの耐荷重は、理論上の最大限を超えないようにするために余裕のあるラックを選ぶことが重要です。要するに保管するタイヤの重量とサイズに合わせて選ぶ必要があります。万が一、予想外の負荷がかかった場合でも安全にタイヤを保管できるよう余裕を持った耐荷重のものを選びましょう。

価格と予算の一致

まずは自分の予算を明確に設定することをおすすめします。
タイプ、機能面、耐久性、デザインの違いによってタイヤラックの価格帯は幅広く、安価なものから高価なものまでさまざまで耐荷重や品質に大きく影響します。安価なラックは耐荷重や耐久性が低い場合がありますので、保管するタイヤの重量や保管環境に合わせて品質を重視しましょう。

縦置きタイプか横置きタイプか

タイヤラックには縦置きタイプ、横置きタイプがあります。

画像の説明

引用:Amazon

縦置きタイプのタイヤラックはタイヤを垂直に保管します。縦置きでタイヤを保管することで、タイヤ内の空気圧が一定に保たれやすくなり、タイヤの劣化が抑えられ、性能を維持しやすくなります。このタイプのタイヤラックは床面のスペースを有効活用でき、壁側やちょっとした隙間に置けるので、狭いスペースでもタイヤを保管することができます。

画像の説明

引用:Amazon

横置きタイプのタイヤラック(カバー)はタイヤを水平に保管します。横置きにすることで、タイヤが変形するリスクを軽減でき、タイヤの形状を維持するために水平置きが推奨されることが多くあります。

このタイプは床面スペースを必要とするので保管スペースの広さや設置場所の確保が必要です。

収納の選び方は、自分の保管環境や使い勝手に合わせて慎重に検討することが重要です。縦置きタイプ、横置きタイプのそれぞれに特徴や利点がありますので、自身に合ったタイプを選んでみてください。

耐久性や錆びにくさ

スチールやアルミニウム製のタイヤラックが耐久性に優れ、錆びにくい特性があります。特に屋外で使用する場合は、耐候性のある素材を選ぶことが重要です。
タイヤラックの表面処理も耐久性に影響します。
表面が粉体塗装やクロムメッキなどで処理されているタイプは、錆や腐食から保護されるため長持ちします。塗装が傷ついたり剥がれたりしないかも確認しましょう。

材質による違い

スチール(鋼鉄)

スチール製のタイヤラックは一般的であり、耐久性に優れています。スチールは頑丈で強靭な素材であり、大きな荷重にも耐えることができます。ただし、屋外での使用や長期間の保管には錆びることがあるので塗装や表面処理が施されているものを選ぶと耐久性が向上します。

アルミニウム

アルミニウム製のタイヤラックは軽量でありながら耐久性があります。

錆びにくい特性がありますがスチールほどの強度はありません。屋内での使用に適しています。

ステンレス鋼

ステンレス鋼は錆びにくく、耐久性が高い素材です。

屋外での使用や湿気の多い環境でも優れたパフォーマンスを発揮します。ただし、コストが高い傾向があります。

プラスチック

プラスチック製のタイヤラックは軽量で取り扱いが簡単です。錆びる心配はありませんが、スチールやアルミニウムほどの耐久性や荷重には劣ります。

軽いタイヤの保管や屋内での使用に適しています。

木製

木製のタイヤラックは見た目が美しく、車庫内や屋内での使用に適しています。耐久性や耐荷重は他の素材に比べて劣りますが、装飾としての利用や軽いタイヤの保管には適しています。

タイヤラックの材質は使用環境や保管するタイヤの重さ、耐久性の要求に合わせて選ぶことが重要です。耐久性や錆びにくさだけでなく、安全性や使い勝手も考慮して適切な素材のタイヤラックを選びましょう。

キャスター付きの可動式か固定か

キャスター付きの可動式

タイヤラック移動や取り出しが簡単に移動させることができます。タイヤを必要な場所に運びやすく、取り出しや交換作業がスムーズに行え、タイヤを一時的に収納したり、作業スペースを確保したりするのに便利です。

ただし、重いタイヤを保管する場合や、斜面のある場所で使用する際にはブレーキが付属されていることが重要です。

固定式タイヤラック

安定性が高い固定式のタイヤラックは地面や天井に固定するものが多い為、安定性が高く頑丈な構造を持っており地震などの揺れや外部からの力に対しても安定しています。

また、長期間同じ場所でタイヤを保管する場合や、移動する必要が少ない場合に適しています。どちらのタイプが良いかは、使用環境や保管方法によって異なります。

例えば、作業スペースのレイアウトやタイヤの頻繁な移動が必要な場合はキャスター付きの可動式タイヤラックが便利です。一方で、安定性や頑丈さを重視する場合は固定式のタイヤラックが適しています。

ラックを使ったタイヤを劣化させない保管方法

ポイント

適度にタイヤに付いた汚れを落とす

タイヤの汚れ

タイヤに付着した泥や塵はタイヤの劣化を促進します。タイヤを保管する前に洗浄し、乾燥させてから保管するようにしましょう。タイヤの素材を傷めないよう、中性洗剤を薄めたものや石油系溶剤が入っていないコーティング材の使用をおすすめします。

タイヤの状態に適切な置き方をする

タイヤラック

タイヤは清潔な場所に保管することをおすすめしています。
タイヤラックを使用してタイヤを直接床から離して保管することで、空気が十分に循環しやすくなります。長期間同じ位置に置かれたままになると、タイヤの形状が変わる場合があります。定期的にタイヤの位置を変えることで偏りや劣化を防ぐことができます。

空気を入れた状態で保管

画像の説明

タイヤを保管する際は、適切な空気圧を維持することが重要です。タイヤの製造元が推奨する空気圧に合わせて空気を入れ、定期的にチェックして適正な圧力を保ちましょう。

適切な空気圧で保管されたタイヤは変形しにくく、劣化も抑えられます。

タイヤに適した場所での保管

タイヤの保管場所

タイヤは直射日光にさらされると劣化しやすくなります。
保管する場所は屋内や日陰の場所など日光が当たらない場所を選びましょう。屋外に置く場合は日よけやタープでカバーすると効果的です。タイヤは湿度や温度の変化に敏感です。

保管場所の湿度と温度を考慮し、安定した環境下で保管することが大切です。高湿度や極端な温度はタイヤの劣化を促進させる可能性があります。

タイヤをしまう前後の点検

タイヤの点検

タイヤの表面をよく観察し、異常な摩耗やダメージがないかをチェックします。タイヤの溝の深さや側面の状態を確認し、異物踏みやえぐり傷などの損傷箇所があれば修理や交換が必要です。

タイヤの空気圧を測定し適切な空気圧に調整することもタイヤをしまう前後の点検で必要です。

点検を行うことで、タイヤの状態を把握し、安全性を確保することができます。特に長期間保管する場合や使用頻度が低い場合は、点検と管理がより重要です。

タイヤラックの使用における安全性と注意事項

安全性を第一にラックの定期点検も忘れずに

最初にタイヤラック自体の安全性を点検します。
ラックがしっかりと床や壁に固定されているかを確認する事が大切です。ぐらついたり、不安定な場合は、補強や修理が必要です。

最終的にはタイヤを保管する際にタイヤが均等に支えられ、傾いたりずれたりしていないかを確認しましょう。

保管スペースに限りがあって困っているなら!

保管サービスを利用

具体的なサービス内容や料金体系は、地域や提供業者によって異なりますが、自動車ディーラーやタイヤ専門店、保管施設などで保管サービスを提供しています。

タイヤの保管を検討する際には、複数の業者のサービス内容や料金を比較して利用してみてはいかがでしょうか。

タイヤワールド館ベストでもタイヤ保管のサービスを行っております!

正直な話…金額だけ伝えると「高くない?」と言われがちです…が、
サービス内容をお伝えするとみなさま安心してご利用いただいております。
保管場所に困っているなど、タイヤの出し入れが面倒になっていたら是非ご依頼ください!ご興味ある方はお問い合わせください!

次回のタイヤ工賃込みでお得!タイヤ保管サービス

次回のタイヤ工賃込みでお得!タイヤ保管サービス

カテゴリー
ホイールの知識 ライターチーム ナット

ホイールの盗難防止にはロックナットが効果的!盗難防止策7選を紹介

ホイールの盗難防止策について、以下のような疑問を感じていませんか?

● ホイールの盗難防止にはロックナットがいいの?
● ロックナットのメリットやデメリットは?
● ロックナット以外のホイール盗難防止策は?

本記事では、ホイールの盗難防止に効果的なロックナットについて解説します。また、ロックナット以外のおすすめのホイール盗難防止策も紹介します。

ホイールの盗難防止に効果的な方法が知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

ホイールの盗難防止に効果的なロックナットとは?

ホイールの盗難防止に効果的なロックナットとは?

ロックナットとは、通常のレンチでは外せない仕様のナットで、ホイールの盗難防止に効果的なアイテムです。

それぞれのロックナットごとに、取り外すための専用工具であるアダプターが定められています。そのため、専用工具を持っている人にしかロックナットの取り外しができません。

ホイールには複数のホイールナットがついていますが、そのうちのひとつでもロックナットにすれば、簡単にホイールを取り外せないため盗難防止につながる仕組みです。

なお純正ホイールの場合、ロックナットが初期装備されていたりオプションで選択できたりする場合もあるため、購入時に確認しましょう。

ロックナットの種類

ロックナットの種類

ロックナットは、主に以下の2種類に分けられます。

● 外溝タイプ
● 内溝タイプ

それぞれの特徴やメリット、デメリットを確認しましょう。

外溝タイプ

外溝タイプは、ナットの外側に溝があるロックナットです。市販されている国産ロックナットの多くは外溝タイプで、以下の特徴があります。

● メリット:内溝タイプに比べて値段が安い
● デメリット:内溝タイプよりもセキュリティ面が劣る

外溝タイプは溝のパターンが少ないことから、適合するアダプターが多く、簡単に取り外せる恐れがあります。

盗難防止に効果的なロックナットですが、ホイールの盗難に詳しい人物なら簡単に盗めるかもしれません。
そのため、外溝タイプのロックナットはあまりおすすめされていないのが現状です。

内溝タイプ

内溝タイプはナットの内側に溝があるロックナットで、以下の特徴があります。

● 外溝タイプに比べて値段が高い
● 外溝タイプよりもセキュリティに定評がある

内溝タイプは外溝タイプと違い、溝のパターンを複雑に設定できるため、セキュリティの高さが魅力です。

安全性をとことん高めたい方は、シリアルナンバー付きの世界にひとつしかないロックナットを選ぶことも可能です。

ただし専用のアダプターを失くすとホイールの取り外しができなくなるため、保管場所を決めて紛失しないよう管理しましょう。

アダプターのおすすめ保管場所については、以下の記事で紹介したので参考にしてください。

ホイールの盗難防止にロックナットを使うメリットとデメリット

ホイールの盗難防止にロックナットを使うメリットとデメリット

ロックナットを使用するメリットは、ホイールの盗難防止に効果的な点です。ホイールの盗難防止を検討中の方には、おすすめできるアイテムです。

デメリットを挙げるとしたら、専用のアダプターがないと取り外しが不可能な点です。

また、ロックナットは素材ごとに以下の特徴があります。

ロックナットの素材 特徴
スチール ・価格が安く耐久性が強い
・重量が重く錆びやすい
アルミ(ジュラルミン) ・カラーバリエーションが豊富でおしゃれ
・柔らかく耐久性が低い
クロモリ(クロームモリブデ) ・軽量でありながら強度が高い
・コストが高い
低炭素鋼 ・軽量化と強度のバランスがいい
・スチールホイールに使えない
チタン合金 ・軽量かつ強度高めで見た目もきれい
・素材の中ではもっともコストが高い

それぞれの特徴を確認し、自分に合ったロックナットを選びましょう。

ホイールの盗難防止にロックナットを使う際の注意点

ホイールの盗難防止にロックナットを使う際の注意点

ロックナットを使う際は、以下の点に注意しましょう。

● サイズを確認する
● 形状を確認する
● 専用アダプターを失くさない

ロックナットは、以下のサイズや形状があり、車種やメーカーにより異なります。

ロックナットのサイズ ・「M10×P1.5」「M12×P1.5」などの表記
・M=ネジの直系(mm)
・P=ネジ山のピッチ(mm)
・さらにHEX=ナットの形・六角形で絞る
ロックナットの形状 ・テーパー座:座面の角度は60度で先端が細いスタンダードタイプ
・球面座:座面が丸いタイプ
・平面座:座面が平らなワッシャー付き

お持ちのホイールのサイズや形状が合ったロックナットを購入しましょう。

また、専用のアダプターを紛失すると、ホイールの取り外しができなくなります。ディーラーやカー用品店などに行く手間や費用がかかるため、適切に管理してください。

ロックナット以外の最強ホイール盗難防止策7選

ロックナット以外の最強ホイール盗難防止策7選

ロックナット以外におすすめの最強ホイール盗難防止策は、以下の7つです。

  1. 人通りの多い場所に駐車する
  2. セキュリティシステムを活用する
  3. ハンドルを切って駐車する
  4. ハンドルロックをつける
  5. タイヤロックをつける
  6. センサーライトをつける
  7. 車両カバーをつける

それぞれ具体的な方法を確認しましょう。

1.人通りの多い場所に駐車する

人通りの少ない場所は、泥棒からすると盗難しやすい環境です。そのため、長時間駐車する場合、可能なら人通りがあり、多くの人目に晒される場所を選びましょう。

人通りがあるだけで窃盗されるリスクに備えられますし、万が一盗難しようとしても周囲の人が不審な動きに気づく可能性が高いです。

夜間なら人通り以外にも、明かりが届く場所がいいでしょう。とくに雨や雪が降っている場合は人通りも少なくなりやすいため、屋内からでも車が確認できるよう暗闇での駐車を避けることが大切です。

2.セキュリティシステムを活用する

車のセキュリティシステムを活用すると、ホイールの盗難対策効果が期待できます。セキュリティシステムには、以下のタイプがあります。

セキュリティのタイプ 特徴
威嚇タイプ ライトの点滅やシールなどで、セキュリティ対策をしていることをアピールする
警報タイプ 車に異常があった際、大きな音や光の点滅などによって警報を鳴らす
通知&追跡タイプ 誰かが車に侵入したり盗難されそうになったりした際に、登録機器に通知が届く(GPS付きなら追跡可能)
固定器具タイプ ハンドルやアクセル、タイヤなどを物理的に固定しロックする
始動停止タイプ 車と鍵のIDが一致しないとエンジンが動かない

実際にセキュリティを搭載する際は、ディーラーやカー用品店などのスタッフに相談するといいでしょう。
また、Amazonでもたくさんの商品がでているので参考にしてみてください。

3.ハンドルを切って駐車する

ハンドルを切って駐車することで、ホイールの盗難防止につながります。なぜなら、ホイールが斜めの状態だと、盗難する際の作業スペースが狭くなり、ホイールが外しにくくなるからです。

完全に作業できないわけではありませんが、「ハンドルを切った状態のホイールは時間がかかる」と判断すれば、盗難防止につながるかもしれません。

さらにホイールが斜めだと車を動かしにくくなるため、車本体の盗難予防にもつながります。とくに道具が必要なわけではないため、緊急時の盗難対策におすすめです。

4.ハンドルロックをつける

ハンドルロックをつけることで、ホイールの盗難防止効果が期待できます。

ハンドルロックとは、ハンドルに装着し動きを固定する装置です。ハンドルが動かなくなるとタイヤの向きを変えられなくなるため、ハンドルを切って駐車する際にあわせて使用するとより盗難防止効果が期待できるでしょう。

また外から車内を見たときにハンドルロックがついていると、防犯意識の高い車だと判断され、視覚的な防犯効果も期待できます。色やデザインでさらに目立たせれば、防犯効果はさらに高まるでしょう。

5.タイヤロックをつける

タイヤロックをつけることで、車の走行ができなくなるだけでなく、ホイールの取り外しも不可能になるため、盗難防止効果につながります。

タイヤロックはリング状になっており、ホイールの空洞部分にリングを通して物理的にホイールが動かなくなる仕組みです。タイヤロックを選ぶ際は、白や黄色など暗闇でも目立つ色がいいでしょう。

タイヤロックは盗難防止アイテムの中でも比較的安く購入できるため、自宅に鍵付きの車庫がない場合はタイヤロックの使用がおすすめです。

6.センサーライトをつける

センサーライトは、車に人が近づくと転倒する人感センサー付きのライトです。人が近づくとライトが点灯するため、夜間の盗難防止効果が期待できます。

センサーライトの中でも光の量が多く、人の動きを感知する範囲も広いものなら、より高い防犯になるでしょう。

ただし盗難に慣れている泥棒の場合、センサーライトについて熟知している可能性もあるため、ほかの盗難対策をあわせて利用するのがおすすめです。

7.車両カバーをつける

盗難対策に車両カバーをつける目的は、車種や車の状態など盗難する際の判断材料を与えないことです。車種かわからないなら、車両カバーを外してまで盗難しようとはなりにくいでしょう。

ただ車両カバーをつけるだけだと、簡単に取り外せると思われるかもしれません。

そのため、車両カバーのみで盗難防止対策をするのではなく、ハンドルロックやタイヤロックなどほかの盗難防止対策と組み合わせることが大切です。

ホイールの盗難防止に関するよくある質問

ホイールの盗難防止に関するよくある質問

ホイールの盗難防止に関するよくある質問は、以下の3つです。

  1. ホイールの盗難防止にロックナットは意味ない?
  2. ホイール盗難後のリスク対策は?
  3. ホイールが盗難された場合はどうすればいい?

それぞれわかりやすく回答しているため、ぜひ参考にしてください。

1. ホイールの盗難防止にロックナットは意味ない?

ロックナットはホイールの盗難防止対策に効果的ですが、必ずしも防止できるとは限りません。とくに本記事でも紹介した「外溝タイプ」のロックナットは、マスターキーで外せる可能性が高いため、盗難防止効果は低いでしょう。

ロックナットを使う際は、外溝タイプではなく盗難防止効果の高い内溝タイプがおすすめです。

またロックナットだけでなく、そのほかの盗難防止対策も併用しながら、ホイールや車本体を守りましょう。

2. ホイール盗難後のリスク対策は?

ホイール盗難前に、以下のリスク対策をするのがおすすめです。

● 車両保険に入っておく
● ホイールの製造番号を控えておく
● ホイールの写真を保存しておく

万が一ホイールを盗難された場合でも、保険に入っておりホイールの詳しい情報もわかっていれば、盗難後の対応もスムーズに進められます。

いつどこで誰がホイールを盗まれるかわかりません。盗難防止対策を事前に行い、リスクを抑えましょう。

3. ホイールが盗難された場合はどうすればいい?

ホイールが盗難された場合、以下の手順で冷静に対応しましょう。

  1. 警察と保険会社に連絡する
  2. 警察に盗難届を提出する
  3. 警察から現場検証を受ける
  4. 今後の対応について保険会社と相談する
  5. ロードサービスを使用し修理工場に車を運ぶ

まずは盗難の被害にあったら、すぐに警察と保険会社に連絡しましょう。連絡さえすれば、警察と保険会社からその後の詳しい対応について指示が入ります。

盗難後はできるだけ早く連絡することで、犯人の特定やホイールの返還などの確率も高まるでしょう。

ロックナットをはじめとして盗難防止策でホイールを守ろう!

ロックナットをはじめとして盗難防止策でホイールを守ろう!

ロックナットは、ホイールの盗難防止対策に効果的ですが、必ずしも防げるわけではありません。そのため、ホイールの盗難を防ぐには、本記事で紹介した「ロックナット以外の最強ホイール盗難防止策7選」もあわせて行うことが大切です。

ホイールの盗難防止対策は、ホイールだけでなく車本体の盗難防止にも効果的です。お持ちの車や環境に合わせて、適切な盗難防止対策を活用しましょう。

ロックナットをはじめ、ホイールやタイヤに関するさまざまなことにお悩みの方は、タイヤワールド館ベストにぜひお気軽にご相談ください!

タイヤワールド館ベスト店舗一覧

全国約4,000店の提携店!ベストのタイヤ交換

全国どこでも約4,000店の提携店!ベストのタイヤ交換

カテゴリー
グラムライツ 豆知識 ホイールの知識 ライターチーム RAYS カラーホイール インチアップ

保護中: 世界に誇る日本製アルミホイールRAYSスペシャルインタビュー

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー
ホイールの知識 ライターチーム 取り扱いサービス

ホイールの正しい保管方法は?おすすめ便利グッズや保管サービスも紹介

ホイールの保管について、以下のようなお悩みを持っていませんか?

● ホイールの正しい保管方法は?
● ホイール保管する際のおすすめアイテムは?
● ホイールの保管サービスってどうなの?

ホイールは適切に保管しなければ劣化を早める恐れがあるため、保管前の準備や保管場所が大切です。

本記事では、ホイールの正しい保管方法や保管時の注意点、ホイールの保管サービスを利用するメリットを紹介します。ホイールの保管に悩む方は、ぜひ参考にしてください。

ホイールは保管方法によって寿命が変わる

ホイールは保管方法によって寿命が変わる

ホイールは保管方法により寿命が変わります。たとえば、以下の方法で保管すると、長く丈夫に使用できます。

● 湿気の少ない場所に置く
● 直射日光を避ける
● 保管前に洗浄する

またホイールを車に装着している場合でも、長時間同じ場所に駐車すると同じ場所に圧力がかかりホイールにとっても負担です。

そのため、時折駐車位置をずらし、ホイールへの圧力を分散することが推奨されています。

ホイールの寿命は正しい保管方法については、以下の記事でも紹介しているので参考にしてください。

ホイールのみで保管する際の注意点

ホイールのみで保管する際の注意点

ホイールのみで保管する際は、以下の点に注意しましょう。

● 保管前に洗浄する
● 洗浄後は完全に乾燥させる
● 平積みで保管する

それぞれ具体的なポイントを確認しましょう。

保管前に洗浄する

ホイールの汚れは放置すると落ちにくくなるため、保管前は必ず洗浄することが大切です。

洗浄は、以下の手順で行います。

  1. 水洗いで大きな汚れを落とす
  2. クリーナーで頑固な汚れを浮かせる
  3. スポンジやブラシで隙間の汚れを落とす
  4. たっぷりの水で洗剤を洗い流す
  5. 洗浄後は水気を拭き取る

汚れが少ないうちに洗浄できれば汚れがこびりつかないため、強く擦って傷ができるリスクも軽減できます。

洗浄後は完全に乾燥させる

ホイールを洗浄したら、水気を拭き取るのはもちろん、完全に乾燥させましょう。乾燥させないで保管すると、ホイールの錆や腐食などのリスクにつながります。

ホイールを洗浄したら水気を布で拭き取った後に、30分〜1時間ほど自然乾燥させてください。乾燥後にコーティング剤を吹きかければ、熱や紫外線による劣化や、変色などを予防できます。

できるだけキレイな状態で保管したい場合、洗浄後にコーティングも合わせて行いましょう。

平積みで保管する

ホイールを保管する際は、横向きの平積みがおすすめです。縦置きで保管すると、下部分に長時間圧力が加わり変形する恐れがあります。

平積みで安定しない場合、ホイールとホイールの間に段ボールを挟み、安定させることも可能です。

外で保管する場合、地面に直に置くと汚れたりコンクリートとの摩擦で傷ついたりするかもしれません。保管場所に困るなら、ホイール保管用のラックを活用するのもおすすめです。

タイヤ付きホイールの保管方法

タイヤ付きホイールの保管方法

タイヤ付きのホイールを保管する際は、まず以下の事前準備を行いましょう。

● 水洗いしてタイヤの汚れを落とす
● 洗浄後はしっかり乾燥させる
● タイヤの空気圧を半分程度にする

事前準備が完了したら、以下の方法で保管するのがおすすめです。

● タイヤカバーを被せて保管する
● 湿気や直射日光を避けて保管する
● 横向きに置いて保管する

直射日光を避けたり保管する向きに気をつけたり、ちょっとした工夫でホイールの寿命は変わるので意識してみてください。

タイヤ付きホイールの詳しい保管方法については、以下の記事で解説したので、あわせてご覧ください。

ホイールの保管が楽になる便利グッズ

ホイールの保管が楽になる便利グッズ

以下のアイテムを使用すると、ホイールの保管が楽になります。

● タイヤカバー
● タイヤラック
● オールシーズンタイヤ

それぞれのアイテムの特徴を紹介するので、購入前の参考にしてください。

タイヤカバー

タイヤカバーは、自宅でホイールやタイヤを保管する際の必須アイテムです。タイヤカバーを使用することで、ホイールを埃や雨風、紫外線から守ってくれます。

カバーはタイヤ付きでホイールを保管するためのものなので、タイヤのサイズに合わせて購入しましょう。

グレーや黒など無地のものが多いものの、なかには色やロゴ、文字などがデザインされたものもあります。ご自身の好みや自宅の雰囲気に合わせて選ぶといいでしょう。

タイヤラック

タイヤラックがあれば、タイヤ付きでホイールを保管する際にスペースを有効活用できます。

タイヤラックを使用すると縦置きで保管できるだけでなく、地面にタイヤが接地しないので、汚れる心配もありません。

さらにおすすめの保管方法は、タイヤラックとタイヤカバーの同時利用です。タイヤラック保管用のタイヤカバーを購入すれば、ラックごとタイヤとホイールを保護できます。

オールシーズンタイヤ

オールシーズンタイヤとは、晴れや雨の日はノーマルタイヤ(夏用タイヤ)に近いグリップ力を発揮し、雪道においてはノーマルタイヤよりも強いグリップ力を発揮するタイヤです。

参考:「オールシーズンタイヤ」って、どんなタイヤですか?|JAF

オールシーズンタイヤを装着すれば基本的にタイヤ交換が不要になるため、ホイールを季節に応じて交換する必要がなくなります。ホイールの保管方法に迷う方は、オールシーズンタイヤの導入もご検討ください。

ただしスタッドレスタイヤほどのグリップ力はないため、積雪や凍結がある地域ではスタッドレスタイヤの使用が推奨されています。

オールシーズンタイヤだからといって、どんな道も安全に走行できるわけではありません。

保管場所がない方はホイール保管サービスの利用がおすすめ

保管場所がない方はホイール保管サービスの利用がおすすめ

ホイール保管サービスとは、ディーラーやカー用品店などが実施する、タイヤやホイールの預かりサービスです。

タイヤワールド館ベストで展開している、ホイール付きタイヤの保管サービスを利用する際の料金を、以下の表にまとめました。

タイヤのサイズ 料金
〜13インチ 7,700円
14インチ 8,800円
15インチ 9,900円
16インチ 11,000円
17インチ 12,000円
18インチ 13,200円
19インチ 14,300円
20インチ 15,400円

※乗用車やミニバンで、預かり期間が半年の場合の料金です。

上記の金額は次回のタイヤ交換費用が含まれています。また、半年分の料金なので、1ヶ月に換算すると高くても2,000円程度が必要です。

ホイールの保管サービスについては、おすすめポイントや料金などを含めて、以下の記事で紹介したのでご覧ください。

ホイールの保管サービスを利用するメリット

ホイールの保管サービスを利用するメリット

ホイールの保管サービスを利用すると、以下のメリットがあります。

● ホイールを適切に保管できる
● ホイールを運ぶ作業がない
● ホイールやタイヤのチェックもしてもらえる

料金は発生しますが、さまざまなメリットがあるため、ぜひ利用をご検討ください。それぞれ詳しい内容を確認しましょう。

ホイールを適切に保管できる

ホイールの保管サービスを利用すると、間違った方法で保管する心配もないため、ホイールの劣化予防が期待できます。

ホイールの劣化の原因は、以下の3点です。

● 直射日光や紫外線
● 雨風や湿気
● 汚れの蓄積

ホイールの保管サービスは、ホイールをキレイな状態に保ち、適切な場所で保管してくれるため安心して任せられます。

自宅で保管しなくていいため、ホイールの保管に場所を取られないメリットもあるでしょう。

ホイールを運ぶ作業がない

自宅でホイールを保管すると、ホイールを交換する際にタイヤを運ぶ必要があります。SUVの場合はホイールのサイズも大きく重量も重いため、人によってはひとりで運ぶのが大変かもしれません。

ディーラーやカー用品店などで交換作業をしてもらう場合、その都度お店までホイールやタイヤを運ぶため、大きな負担になります。

ホイールの交換サービスを利用すれば、手ぶらでお店に立ち寄り気軽にホイール交換が可能です。

ホイールやタイヤのチェックもしてもらえる

ホイールの保管サービスを利用すれば、保管以外にもホイールやタイヤを点検してもらえます。

タイヤワールド館ベストの保管サービスでも、以下のサービスを行っています。

● タイヤの溝チェック
● ホイールの安全点検

また別途料金はかかりますが、以下のオプションサービスも利用可能です。

● ホイールクリーニング
● ホイールコーティング
● タイヤ梱包サービス

ホイールの保管サービスを効果的に利用し、ホイールをいい状態で保管することで、安全な走行につなげましょう。

次回のタイヤ工賃込みでお得!タイヤ保管サービス

次回のタイヤ工賃込みでお得!タイヤ保管サービス

ホイールの保管に関するよくある質問

ホイールの保管に関するよくある質問

ホイールの保管に関するよくある質問は、以下の3つです。

  1. ホイールはベランダで保管しても大丈夫?
  2. やってはいけないホイールの保管方法は?
  3. ホイールナットの保管方法は?

それぞれわかりやすく回答するので、ホイールの保管に迷う方は参考にしてください。

1.ホイールはベランダで保管しても大丈夫?

ホイールをベランダで保管すること自体は問題ありませんが、本記事で紹介したように、保管前の洗浄や乾燥、タイヤカバーを使用した紫外線や雨風の予防は行いましょう。

集合住宅の場合、ベランダが非常経路になっている可能性もあるため、事前にホイールを保管しても問題ないか確認してください。

ベランダが狭く保管スペースがない場合や、集合住宅でベランダまで運ぶのが大変な場合は、必要に応じてホイールの保管サービスを利用するのがおすすめです。

2.やってはいけないホイールの保管方法は?

以下のようなホイールの保管方法は、ホイールの劣化を早める恐れがあるため避けてください。

● 雨や風にさらされる場所に置く
● 直射日光が当たる場所に置く
● 安定しない場所に置く
● 汚れたままで保管する
● 適当に重ねて保管する

屋内でホイールを保管するなら、湿度や温度が高くなりやすい場所は避けたほうがいいでしょう。

ホイールをいい状態で長持ちさせるためにも、本記事で紹介した「ホイールのみで保管する際の注意点」を参考に、適切な方法で保管することが大切です。

3.ホイールナットの保管方法は?

ホイールナットは交換時に必要のため、わかりやすい場所に忘れないよう保管することが大切です。お店にホイール交換を依頼しても、ホイールナットがなければ装着できません。

ホイールナットはビニール袋やプラケースなどにまとめて入れ、可能ならトランクや座席の下など、車内に保管することがおすすめです。

ホイールナットの一種であるロックナットアダプターの、おすすめの保管方法については、以下の記事で紹介したので参考にしてください。

ホイールは正しい方法で保管し大切に使おう

ホイールは正しい方法で保管し大切に使おう

ホイールは保管する前に洗浄し、紫外線や湿気などを避け、適切な場所で保管することが大切です。

またホイールカバーを使用して雨風や直射日光からホイールを守ったり、専用ラックを活用して限られたスペースを有効活用したりしながら保管するといいでしょう。

保管方法はホイールの寿命にも影響するため、本記事の内容を参考に適切にホイールを保管しましょう。

タイヤワールド館ベストは全国に約4,000の提携店舗があり、タイヤに関する相談を随時受け付けております。

ホイールの保管方法をはじめ、タイヤに関するさまざまなことにお悩みの方は、タイヤワールド館ベストの提携店舗を検索して、ぜひお気軽にご相談ください。

タイヤワールド館ベスト店舗一覧

多賀城店
多賀城店
TEL: 022-366-7811
住所:宮城県多賀城市八幡1-1-5
アクセス:仙台国道45号線沿い
営業時間:10:00~19:00
カテゴリー
ホイールの知識 ライターチーム

純正ホイールはかっこいい?メリットや流用する際の注意点などを紹介

純正ホイールについて、以下のような疑問を持っていませんか?

● 純正ホイールはかっこいい?
● 純正ホイールのメリットやデメリットは?
● かっこいい純正ホイールの車は?

純正ホイールはその車に初期装備されているからこそ、さまざまなメリットがあるホイールです。純正ホイールでカスタマイズしたい方や、純正ホイールがかっこいい車を見つけたい方はぜひ本記事を参考にしてください。

純正ホイールはかっこいい?

純正ホイールはかっこいい?

純正ホイールが一番かっこいいかどうかは、一人ひとりの価値観により異なります。

見た目のバランスや車種との相性は、純正ホイールだからこそフィットするとも言えます。一方社外ホイールでも、デザインがおしゃれで多くの人がかっこいいと感じるものもあるでしょう。

車種との相性が合わなければ、車全体のバランスが悪くなりホイールだけ悪目立ちするかもしれません。デザインも、社外ホイールのほうがかっこいいと思う方もいるでしょう。

純正ホイールは本記事でも紹介するとおり、メリットもあればデメリットもあります。車種とのバランスを見ながら、ご自身がかっこいいと思うホイールを選ぶことが大切です。

純正ホイールのメリット

純正ホイールのメリット

純正ホイールのメリットは、以下の3つです。

● 装着する車に合わせたデザインになっている
● 強度が強く長く使える
● 社外ホイールにない魅力がある

それぞれの内容を確認しましょう。

装着する車に合わせたデザインになっている

純正ホイールは装着する車に合わせて製造されています。そのため、その車にバランスよくフィットするデザインになっており、サイズもピッタリです。

ホイールが車種のサイズに合わない場合、車からはみ出したりフレーム部分に当たったりして、装着できない恐れがあります。純正ホイールはその車種に合わせて作られているため、問題なく装着できます。

ハブ径も合っているため、社外ホイール使用時に取りつけるハブリングも必要ありません。

関連記事:ハブリングの役割と重要性!ハブリングに関する質問にも回答します

強度が強く長く使える

純正ホイールは、重量が重めに製造されているため、社外ホイールと比べると強度が強く、長く使える点が特徴です。ホイールの重量があると走行時の安定感が増し、快適な運転にもつながります。

また純正ホイールは塗装が厚く剥がれにくいため、かっこいい見た目を維持する強さも兼ね備えています。

初期装備されている車との相性もいいため、純正ホイールは車全体の寿命を保つ上でも効果的でしょう。

社外ホイールにない魅力がある

純正ホイールは特定の車種のために製造されているからこそ、汎用性のある社外ホイールにはない魅力があります。たとえば、以下のような点は純正ホイールの魅力です。

● 普遍的なモデルで車好きに愛される
● あえて他の車種に流用し楽しめる
● 高値で取引される可能性がある

見た目に関しては人それぞれ好みは異なりますが、強度やバランス面などを考慮すると、社外ホイールにはない魅力があります。

生産量の少ない車種のホイールは希少価値が高く、高値で取引される可能性があるのも魅力のひとつです。

純正ホイールのデメリット

純正ホイールのデメリット

純正ホイールのデメリットは、以下の2つです。

● 強度が強い反面重い
● 人によっては格好悪いと感じる

メリットに比べるとデメリットは少なく、安定しているのが純正ホイールの魅力です。それぞれ詳しい内容を確認しましょう。

強度が強い反面重い

純正ホイールは強度の強さがメリットですが、その反面重量があり、以下の影響が生じる可能性があります。

● 軽いホイールよりも燃費が悪い
● 加速に時間がかかる
● 持ち運びしにくい

燃費に関しては、空気圧が下がりすぎないよう注意すれば悪化を防げます。走行時の影響については気になるほどではないため、大きなデメリットとは言えないでしょう。

車のタイヤの重さが走行に及ぼす影響については、以下の記事を参考にしてください。

人によってはダサいと感じる

ほとんどの方は純正ホイールを装着し運転するため、他の方と同じでオリジナリティがないことで「ダサいデザインだ」と感じる場合もあるでしょう。

車種によって異なりますが、純正のホイールはデザインが単調で古く感じるものもあります。装着する車とのバランスを考えデザインされているため、派手さがないのが純正ホイールのメリットかつデメリットとも言えます。

純正ホイールにはない特徴的なデザインや派手さを求めるのなら、社外ホイールを装着して他の方との差別化を図るのもいいでしょう。

かっこいい純正ホイールを装着している車5選

かっこいい純正ホイールを装着している車5選

かっこいい純正ホイールを装着している車は、以下の5つです。

● 日産「R35GT-R」
● トヨタ「レクサスGS」
● ホンダ「N-BOX」
● トヨタ「ヤリスクロス」
● マツダ「MX-30」

それぞれの車種の概要やホイールの特徴、メリットなどを解説します。

日産「R35GT-R」

日産「R35GT-R」の純正ホイールはかっこいい

R35GT-Rの純正ホイールの概要は、以下のとおりです。

車のグレード GT-R Pure edition
ホイールメーカー RAYS(レイズ)
ホイールサイズ 20インチ

参考:R35GT-R|日産

R35GT-Rのホイールは、純正ながらアルミ鍛造ホイールで、モータースポーツ分野で実績のあるレイズと共同開発されています。

耐久性と軽量化の両立を実現しており、快適な乗り心地を再現してくれるでしょう。

トヨタ「レクサスGS」

トヨタ「レクサスGS」の純正ホイールはかっこいい

レクサスGSの純正ホイールの概要は、以下のとおりです。

車のグレード レクサスGS GS450h
ホイールメーカー BBS
ホイールサイズ 19インチ

参考:レクサスGS|トヨタレクサス

レクサスGSの純正ホイールはBBS製で、R35GT-Rと同様にアルミ鍛造ホイールで強さと軽さを兼ね備えています。

高級車であるレクサスのエンブレムと光沢のある塗装が、足元をおしゃれに演出してくれます。

ホンダ「N-BOX」

ホンダ「N-BOX」の純正ホイールはかっこいい

N-BOXの純正ホイールの概要は、以下のとおりです。

車のグレード N-BOX CUSTOM ターボ コーディネートスタイル
ホイールメーカー 横浜ゴム
ホイールサイズ 14インチ

参考:N-BOX|ホンダ

新型N-BOXの純正ホイールは、ブラウンとシルバーのコントラストで上品な雰囲気を醸し出してくれます。

新型N-BOXカスタムのホイールは、切削仕上げのブラック塗装により、純正ホイールとは思えない存在感が魅力的です。

トヨタ「ヤリスクロス」

トヨタ「ヤリスクロス」の純正ホイールはかっこいい

ヤリスクロスの純正ホイールの概要は、以下のとおりです。

車のグレード ヤリスクロスZ“Adventure”
ホイールメーカー BRIDGESTONE(ブリヂストン)
ホイールサイズ 18インチ

参考:ヤリスクロス|トヨタ

ヤリスクロスの最上級グレード「Z」は、コンパクトな車体に存在感のある18インチのアルミホイールが装着されています。

切削光輝加工により、金属光沢の透明なクリア感で、ワンランク上の高級感を表現しています。

マツダ「MX-30」

マツダ「MX-30」の純正ホイールはかっこいい

MX-30の純正ホイールの概要は、以下のとおりです。

車のグレード MX-30
ホイールメーカー マツダオリジナル
ホイールサイズ 18インチ

参考:MX-30|マツダ

MX-30は、車体自体はシンプルなデザインですが、独特の存在感を放つデザインホイールが車体の存在感を際立たせてくれます。

ホイールは、マット加工の高輝度ダーク塗装で、純正ホイールにはない高級感が魅力的です。

かっこいい純正ホイールの流用事例

かっこいい純正ホイールの流用事例

かっこいい純正ホイールは、以下のような車種での流用例があります。

※ここで紹介するものはあくまで一例で、ホイールのサイズが合えばさまざまな流用が可能です。

装着した車種 流用した純正ホイール
トヨタプリウス トヨタアリスト
マツダ3 三菱デリカD5
トヨタアルファード 日産GT-R
日産セレナ 日産フーガ
ホンダN-ONE トヨタラクティス

純正ホイールは、社外ホイールにはない独特の存在感があります。他の車種を見て、ホイールのデザインに魅力を感じる方もいるかもしれません。

車種自体を変えるのはなかなか難しいですが、純正ホイールを流用してちょっとしたカスタマイズを楽しんでみましょう。

なおトヨタの純正ホイールについては、以下の記事でも紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

純正ホイールに関するよくある質問

純正ホイールに関するよくある質問

純正ホイールに関するよくある質問は、以下の3つです。

  1. 純正ホイールと社外ホイールはどちらがいい?
  2. 純正ホイールの購入方法は?
  3. 純正のホイールキャップはかっこいい?

それぞれ質問に回答するので、ぜひ参考にしてください。

1.純正ホイールと社外ホイールはどちらがいい?

純正ホイールと社外ホイールには、それぞれ以下のような特徴があり、どちらも一長一短があります。

純正ホイールの特徴 社外ホイールの特徴
・車メーカーのエンブレムが入っている
・デザインやサイズが車に合っている
・社外ホイールに比べると値段が高い
・耐久性が高いものが多い
・他の人と被りやすい
・さまざまなデザインから選べる
・安く買えるものも多くある
・純正ホイールに比べると耐久性は劣る
・軽量化されたホイールも豊富にある
・純正ホイールよりも汎用性が高い

車全体のバランスや走行性能などを考慮する場合、純正ホイールがおすすめです。

足元に遊び心を表現したい方や、他の人と違うデザインを求める方は、社外ホイールを装着するのもいいでしょう。

2.純正ホイールの購入方法は?

純正ホイールは、ディーラーやタイヤショップなどで購入できますが、社外ホイールに比べると値段が高い傾向にあります。

ネットショップやオークションなら、中古や未使用に近い「新車外し」という形で販売されています。

たとえば、楽天市場で「新車外し 純正ホイール」で検索した場合の商品は、以下のようなものがあります。

ホイールの概要 値段
・トヨタ30系クラウン
・21インチ
・アルミホイール4本セット
209,000円
・ホンダステップワゴンv
・17インチ
・アルミホイール4本セット
129,800円

参考:楽天市場(新車外し 純正ホイール)

オークションで中古品を購入する場合、写真と実物が違うなどのトラブルに発展する可能性があるため、慎重な対応が必要です。

純正ホイールの購入を検討中の方は、一度お近くのカー用品店やディーラーなどに相談するのがおすすめです。

3.純正のホイールキャップはかっこいい?

ホイールキャップは、ホイールの見た目を形成する上で重要なパーツです。純正のホイールキャップには、車メーカーのエンブレムが入るのが特徴で、社外のホイールキャップにはないデザインを表現しています。

ホイールキャップのみを変えて、デザインをカスタマイズすることも可能なので、ホイールすべてを変えるのが難しい方は、ホイールキャップのみ交換しデザインを楽しめます。

ホイールキャップの外し方や購入方法などについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

純正ホイールを流用してかっこいいカスタマイズをしよう

純正ホイールを流用してかっこいいカスタマイズをしよう

純正ホイールがかっこいいかどうかは、その人の価値観によって変わります。しかし、純正ホイールには社外ホイールにないさまざまな魅力があります。

車メーカーのエンブレムデザインや強度の強さなど、純正ホイールならではの魅力に惹かれた方は、ご自身の車に流用してみるのもいいでしょう。

社外ホイールのカスタマイズとは違う遊び心が生まれ、愛車をより好きになるきっかけになるかもしれません。

タイヤワールド館ベストは全国に約4,000の提携店舗があり、タイヤに関する相談を随時受け付けております。

純正ホイールをはじめ、タイヤに関するさまざまなことで相談したい方は、タイヤワールド館ベストの提携店舗を検索して、ぜひお気軽にお問い合わせください。

全国約4,000店の提携店!ベストのタイヤ交換

全国どこでも約4,000店の提携店!ベストのタイヤ交換

多賀城店
多賀城店
TEL: 022-366-7811
住所:宮城県多賀城市八幡1-1-5
アクセス:仙台国道45号線沿い
営業時間:10:00~19:00
カテゴリー
ホイールの知識 ライターチーム

安いホイールメーカーはどこ?かっこいいおすすめメーカーや選ぶ際のポイントを紹介

安いホイールメーカーを探しており、以下のような疑問を持っていませんか?

● 安いホイールメーカーの品質は大丈夫?
● 安いホイールメーカーの選び方は?
● おすすめの安いホイールメーカーは?

多くの方は、値段は安くても良質なコスパのいいホイールを探しているでしょう。安すぎるホイールの場合、何か問題があるのではと不安を抱くかもしれません。

本記事では、安いホイールメーカーの品質やおすすめのホイールを紹介します。安いホイールメーカーについて知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

安いホイールメーカーの品質は大丈夫?

安いホイールメーカーの品質は大丈夫?

安いホイールだからといって、必ずしも品質に問題があるわけではありません。

たとえば、価格が安い中国製のホイールを見ると「中国製だけど大丈夫?」と不安に感じるかもしれません。

しかし中国製でも、国土交通省が定めたホイールの強度規格「JWL」を満たした製品なら、一定の品質基準をクリアしています。

また、JWL基準の強度を示す試験に合格したホイールに刻印が許可される「VIA」マークを確認することも、ひとつの判断基準です。

安いホイールは品質を落としているのではなく、海外で大量生産するなど、製造過程を工夫することで低価格を実現しています。

JWL/VIAマーク

参考:JWLマークとは何ですか。VlAマークとは何の意味ですか?|自動車用軽合金製ホイール試験協議会

安いホイールメーカーの選び方

安いホイールメーカーの選び方

安いホイールメーカーの選び方は、以下の5つです。

  1. 中古から選ぶ
  2. ネットショップで選ぶ
  3. タイヤとホイールのセット商品から選ぶ
  4. 海外製から選ぶ
  5. 専門家に相談して選ぶ

購入方法や購入場所などホイールの選び方を変えることで、価格を少しでも抑えることが可能です。

それぞれ選び方の詳しい内容を確認しましょう。

1.中古から選ぶ

中古はさまざまな安いホイールメーカーが販売されているため、価格を抑えてホイールを購入したい方におすすめの方法です。

ただし中古でホイールを購入する場合、新品と異なり状態に差があるため、ご自身の目で実物を確かめて購入しましょう。

ネットショップやオークションなどは直接商品を確認できないため、中古ホイールは店舗での購入がおすすめです。

中古ホイールについては以下の記事で解説しているので、あわせてご覧ください。

2.ネットショップで選ぶ

ネットショップは実店舗よりも安く販売されている可能性があるため、安いホイールメーカーを探すのに効果的な方法です。

ネットショップで購入する場合、サイズやメーカーなどが希望のものと合っているか確認しましょう。

またネットショップでは、購入前に実物を直接確認できないため、中古ホイールはできるだけ避けたほうが無難です。

タイヤやホイールをネットで安く買う場合に役立つ情報を、以下の記事にまとめているので参考にしてください。

3.タイヤとホイールのセット商品から選ぶ

安いホイールメーカーからホイールのみを購入するよりも、タイヤとホイールをセットで購入したほうがホイール自体の価格が安くなる傾向にあります。

タイヤとホイールセットは価格が安くなる以外にも、交換作業がしやすくなったり、保管時にタイヤの変形を防いでくれたりなどのメリットもあります。

安いホイールメーカーを探していてタイヤの交換も検討中の方は、セット購入も検討しましょう。

4.海外製から選ぶ

海外製ホイールは、国産に比べると価格が安いものもあります。たとえば、中国や台湾、インドネシアなどのメーカーは日本産よりも安い傾向にあります。

海外製で価格が抑えられている分、以下のようなデメリットがあるかもしれません。

● 状態が悪いものもある
● 国産よりも性能面で劣る可能性がある
● タイヤ交換が複雑になるケースがある

ただし海外製で安いからといって、必ずしも品質が低いわけではありません。海外製ホイールを購入する場合、入念にリサーチした上で購入しましょう。

5.専門家に相談して選ぶ

カー用品店やディーラーなどに来店し、専門知識のある店舗スタッフに相談してホイールを選ぶのもおすすめです。

安いホイールメーカーを選ぶ際は、事前に以下の問いに対する答えを検討しておくと、希望のホイールが見つかりやすくなります。

● 購入予算はいくらか
● 日本製と海外製どちらがいいか
● サイズやデザインなどはどうするか

実際に店舗に来店して、ホイールに詳しい専門スタッフに値段や性能などを相談すれば、ご自身で見つけられなかった安いホイールメーカーと出会えるかもしれません。

タイヤワールド館ベストでも、安いホイールメーカーに関する相談受付中なので、各店舗の近くにお住まいの方は、ぜひお気軽にご利用ください。

最寄りのタイヤワールド館ベストの店舗を検索する

安いホイールメーカーを選ぶ際の注意点

安いホイールメーカーを選ぶ際の注意点

安いホイールメーカーを選ぶ際は、以下の点に注意しましょう。

● 安い理由を把握する
● 安いというだけで購入しない
● ご自身の車に合うかあらためて考える
● ホイールの品質基準を満たしているか確認する
● 中古を購入する際は状態をこまかくチェックする

ただ安いからという理由であまり知られていないメーカーのホイールを購入すると、状態が悪いものや、ホイールの品質基準を満たしていないものを購入する恐れがあります。

安いホイールメーカーを購入する際は、品質や状態をご自身の目で確認し基準を満たしているものを選びましょう。

安いホイールメーカーおすすめ7選【かっこいい&コスパ最強】

安いホイールメーカーおすすめ7選【かっこいい&コスパ最強】

おすすめの安いホイールメーカーについて、以下の7つを紹介します。

  1. Weds(ウェッズ)
  2. KYOHO(共豊)
  3. MID(マルカ)
  4. JAPAN三陽
  5. TOPY(トピー実業)
  6. HOT STUFF(ホットスタッフ)
  7. INTER MILANO(インターミラノ)

それぞれのメーカーの代表的なブランドや特徴などを紹介するので、ぜひご覧ください。

※品質基準を満たしたホイールのみご紹介します。

1. Weds(ウェッズ)

安いホイールメーカーおすすめ1Weds(ウェッズ)

Weds(ウェッズ)のおすすめホイールブランドと概要は以下のとおりです。

ブランド名 RIZLEY KC
カラー ブラックポリッシュ
費用相場 77,600円〜(16インチの場合)
そのほかの情報 塩害軽減対策設計で冬の雪道も安心

参考:Weds公式サイト

Wedsの「RIZLEY KC」は、耐久性や耐腐食性の高さが特徴の、丈夫なカスタムホイールです。

Wedsの16インチ以上のホイールには、TPMS空気圧センサーを装着しやすいよう、バルブ穴ザグリ加工がされています。

2. KYOHO(共豊)

安いホイールメーカーおすすめ2

KYOHO(共豊)のおすすめホイールブランドと概要は以下のとおりです。

ブランド名 AME SMACK LEGINA
カラー サファイアブラック×ポリッシュ
費用相場 77,300円〜(16インチの場合)
そのほかの情報 雨の日でも安心の水抜き加工

参考:KYOHO公式サイト

KYOHOの「AME SMACK LEGINA」は、純正ホイールには少ないブラックペイントのホイールで、SUVの力強いボディにも負けない存在感を放ってくれます。

水抜き加工が採用されており、雨の日でもホイール内の水を効率的に排出してくれる構造になっています。

3. MID(マルカ)

安いホイールメーカーおすすめ3

MID(マルカ)のおすすめホイールブランドと概要は以下のとおりです。

ブランド名 EuroSpeed G10
カラー メタリックグレー
費用相場 89,200円〜(16インチの場合)
そのほかの情報 12〜18インチまで幅広く取り扱いあり

参考:MID公式サイト

MIDの「EuroSpeed G10」は、10本のスポークが魅力のデザインで、シンプルながら存在感抜群のホイールです。

メタリックグレーカラーが車種を選ばず装着でき、上品さをアピールしてくれます。

4. JAPAN三陽

安いホイールメーカーおすすめ4

JAPAN三陽のおすすめホイールブランドと概要は以下のとおりです。

ブランド名 ZACK JP-325
カラー ブライトシルバー
費用相場 88,100円〜(16インチの場合)
class=”td_eee”そのほかの情報 塩水腐食防止加工済で雪道も安心

参考:JAPAN三陽公式サイト

JAPAN三陽の「ZACK JP-325」は、「軽さ・強さ・格好良さ」兼ね備えたホイールでありながら、手頃な値段で購入できるのが魅力的です。

ベーシックなデザインで、どの車種にも合わせやすいのもおすすめできるポイントです。

5. TOPY(トピー実業)

安いホイールメーカーおすすめ5

TOPY(トピー実業)のおすすめホイールブランドと概要は以下のとおりです。

ブランド名 CEREBRO WA45
カラー ブラックポリッシュ
費用相場 88,900円〜(16インチの場合)
そのほかの情報 軽量化を図ることで燃費向上に貢献

参考:TOPY公式サイト

TOPYの「CEREBRO WA45」は、カジュアルなスタイルを楽しむことをコンセプトに開発されたホイールです。

低価格でおしゃれなホイールをお探しの方は、ぜひ検討してみてください。

6. HOT STUFF(ホットスタッフ)

安いホイールメーカーおすすめ6

HOT STUFF(ホットスタッフ)のおすすめホイールブランドと概要は以下のとおりです。

ブランド名 Exceeder E6
カラー メタルシルバー
費用相場 70,300円〜(16インチの場合)
そのほかの情報 12〜19インチまで幅広いサイズあり

参考:HOT STUFF公式サイト

HOT STUFFの「xceeder E6」は、立体感がありつつも、シャープな形状が魅力的なホイールです。

どんな車種にもマッチするデザインをお探しの方は、ぜひご検討ください。

7. INTER MILANO(インターミラノ)

画像の説明

INTER MILANO(インターミラノ)のおすすめホイールブランドと概要は以下のとおりです。

ブランド名 CLAIRE ZT10
カラー ガンメタ
費用相場 70,100円〜(16インチの場合)
そのほかの情報 軽量化を図りつつ存在感もあり

参考:INTER MILANO公式サイト

INTER MILANOの「CLAIRE ZT10」は、ガンメタカラーとシンプルなデザインで、車を際立たせてくれるアルミホイールです。

INTER MILANOは、「街をステージ」とした美しさの追求がデザイン発想のもとになっているため、街中での走行を足元から輝かせてくれるでしょう。

安いホイールに関するよくある質問

安いホイールに関するよくある質問

安いホイールメーカーに関するよくある質問は、以下の3つです。

  1. ホイールは何年使える?
  2. ホイールの交換はサインは?
  3. 安いホイールのデメリットは?

それぞれの質問にわかりやすく回答しているので、ぜひ参考にしてください。

1. ホイールは何年使える?

ホイールはとくに大きな損傷や腐食などがなければ、10年以上は使用可能です。

ただし、道路の状態や塩害、ブレーキダストや衝撃による損傷などの外的要因により、ホイールの劣化を早める恐れがあります。

ホイールも他のパーツと同様に、点検の際に劣化状態や損傷の有無などをチェックしてもらいましょう。

2. ホイールの交換サインは?

以下のような症状がある場合は、ホイールの交換サインかもしれません。

● 歪んでいる
● ひび割れがある
● 異常摩耗している
● 走行中に振動する

ホイールに異常がある状態で走行すると、タイヤの空気漏れによるパンクやバースト、走行中のホイールの破損などにつながります。

ホイールの状態はこまめに観察し、少しでも異常がある場合は早めに対応しましょう。

3. 安いホイールのデメリットは?

安いホイールは鋳造ホイールの場合が多く、価格が安いメリットがある反面、鍛造ホイールと比べると以下のデメリットがあります。

● 製造工程で空洞や穴ができることがある
● 鍛造ホイールと比べると強度が低い
● 強度は強いが重量が重い
● サイズの精度が低い

安いホイールを購入する際は、デメリットを把握した上で購入しましょう。

鍛造ホイールと鋳造ホイールの違いについては、以下の記事で解説しているのでご覧ください。

安いホイールメーカーでコスパのいいカスタマイズをしよう

安いホイールメーカーでコスパのいいカスタマイズをしよう

安いホイールメーカーでも、品質基準を満たすものなら走行上は問題ありません。

安いからといってデザインや機能性が大きく劣るわけではないため、費用を抑えたい場合は、本記事で紹介したホイールから選ぶのもおすすめです。

タイヤワールド館ベストは全国に約4,000の提携店舗があり、タイヤに関する相談を随時受け付けております。

ホイールメーカーをはじめ、タイヤに関するさまざまなことにお悩みの方は、タイヤワールド館ベストの提携店舗を検索して、ぜひお気軽にご相談ください。

全国約4,000店の提携店!ベストのタイヤ交換

全国どこでも約4,000店の提携店!ベストのタイヤ交換

カテゴリー
豆知識 ライターチーム

ホイールナットの見方・選び方!適合表や注意点・外れない場合の対処法まで徹底解説

ホイールナットのサイズを知りたくても、「サイズの見方がわからない…」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

ホイールナットは車体とホイールを固定する重要な部品です。もし車に合わないホイールナットに交換してしまうと、脱輪や部品の故障につながる恐れがあります。

本記事では、ホイールナットのサイズの見方を解説します。サイズの見方がわかれば、交換するときに車に合うホイールナットを選べるでしょう。

メーカー別の適合表や、交換時の注意点もあわせて解説します。ホイールナットの交換を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

ホイールナットサイズの見方

ホイールナットのサイズの見方

ホイールナットのサイズの見方を解説します。メーカーや車種、グレードによって表記は異なりますが、基本的な見方は同じです。

ホイールナットのサイズの見方詳細

  1. ミリメートルねじの記号自分で
  2. ねじの直径(mm)
  3. ねじ山のピッチ
  4. ねじの山と山との距離(mm)
  5. 六角形の二面幅(mm)
  6. 六角形(HEXAGON)

ねじの直径とは、ホイールナットの穴側の直径のことを指します。ねじの山と山との距離は、穴の中に切ってある山の間隔です。

六角形の二面幅は、外側のナットの大きさです。ホイールナットのサイズは、上記の6つで表されます。

ホイールナットとボルトの名称は、以下のようになります。

ホイールナットとボルトの名称

引用:KYO-EIサイト

メーカー別!ナットサイズ適合表

ホイールナットを交換するメリット

メーカー別にホイールナットの適応サイズを表にまとめました。

ねじのサイズ メーカー
M10×P1.25 軽自動車・スズキ・ダイハツ・スバル・マツダ(旧車)
M10×P1.5 軽自動車・ホンダ・三菱(旧車)
M12×P1.25 日産・スバル・スズキ
M12×P1.5 トヨタ・ホンダ・三菱・マツダ・ダイハツ
M14×P1.5 ランドクルーザー・レクサス・ホンダ レジェンド・シビック タイプR・日産GT-R NISMO・グランエース・センチュリー (一部例外あり)

メーカーが同じでも、車種やグレード、年式によってホイールナットのサイズが異なる場合があります。とくに「M14×P1.5」サイズは例外も多く、注意が必要です。

OEM車についても同様で、ホイールナットのサイズが、違うメーカーのものになっている可能性もあります。上記の表を参考に、必ず現車で確認してください。

ホイールナットの種類

ホイールナットの種類

引用:KYO-EIサイト

ホイールナットの形状には、さまざまな種類があります。ホイールメーカーや自動車メーカーによって使用している形状は異なり、ナットを取り付けるホイール側の座面の形もそれぞれです。

ホイールナットはサイズだけでなく、ナットの形状とホイール側の取り付け座面の形状が一致する必要があります。

ホイールナットの種類を間違えないように、しっかりと理解しておきましょう。

● テーパー座
● 球面座
● 平面座

順番に解説します。

テーパー座

テーパー座

テーパー座は、多くのホイールメーカーや自動車メーカーで使用されている形状です。社外ホイールの大半はテーパー座といわれており、幅広い対応が期待できます。

テーパー座のナットは、先端に向かって細くなっています。この角度は60°で統一されており、ホイール側の座面の角度も同じです。コストも安く、汎用性が高いのが特徴です。

球面座

球面座

球面座は、ホンダ車の純正部品として使われるケースが多い形状です。ナットの先端が丸くなっており、摩擦力が生まれやすいため緩みにくいのが特徴です。

多少精度の悪いナットでも、テーパー座より高い締め付け力が期待できます。テーパー座と形状が似ており、間違えやすいため注意が必要です。

平面座

平面座

平面座は、トヨタ車やレクサスの純正部品として使われるケースが多い形状です。ナットにワッシャーが取り付けられているため、面と面でしっかり密着できます。

そのため、テーパー座や球面座よりも安定してホイールを固定できるのがメリットです。コストは高くなりますが、強い締め付け力が期待できるでしょう。

ホイールナットを交換するメリット

ホイールナットを交換するメリット

ホイールナットを交換するメリットを解説します。

● ドレスアップができる
● ロックナットの使用で盗難防止になる

ホイールナットは、ホイールを車体に取り付けるだけの部品ではなく、交換することでさまざまなメリットが得られます。足回りのおしゃれを楽しむのはもちろん、安全面での活躍も期待できますよ。
1つずつ解説します。

ドレスアップができる

ホイールナットを交換すると、足回りを華やかに演出できます。素材を変更したり、デザインにこだわったものを使用したりすれば、ひと味ちがうカスタマイズを楽しめます。

赤や黄色など、色つきのホイールナットに交換するだけでガラッと見た目が変わるのも魅力です。

車の足回りを自分好みにドレスアップできますよ。

ロックナットの使用で盗難防止になる

ロックナットを使用することで、大切なホイールを盗難から守れます。>ロックナットは一般的なホイールナットとは異なる形をしているため、特定の工具を使用しないと外れない仕組みになっています。

ロックナットごとに専用工具が設けられており、持ち主にしか取り外しができません。
盗難のリスクを減らし、安全面を強化できます。

ロックナットはホイール1本につき1個の装着が主流です。

ホイールナット交換時の注意点

ホイールナット交換時の注意点

ホイールナットを交換するときの注意点を解説します。

  1. 純正ナットを保管しておく
  2. ホイールやハブボルトに合うものを使う
  3. OEM車は要確認

サイズや形状の確認も大事ですが、ほかにも気をつけるべきポイントがあります。ホイール周辺は走行に直結する重要な部分なので、見落とさないようにしましょう。それぞれ解説します。

1. 純正ナットを保管しておく

ホイールナットを交換したあと、純正ナットは捨てずに保管しておきましょう。「必要ない」と思っていても、緊急で使用する場合もあります。

純正品に戻したいときに、ホイールナットがなければ使用できない、というケースも考えられます。とくに、トヨタ車は要注意です。

トヨタ車の純正ホイールナットは平面座を採用している車種も多く、あとから購入すると高額になる可能性があります。

車のトランクや、頻繁に使用しない収納などに保管し、なくさないようにしましょう。

2. ホイールやハブボルトに合うものを使う

ホイールナットの種類詳細

引用:KYO-EIサイト

ホイールナットは、ホイールやハブボルトに合うものを使用しましょう。
ホイールナットにはサイズや形状だけでなく、以下のようなちがいもあります。

● 貫通式 or 袋式
● ショート or ロング
● ホイールボルト

貫通式のホイールナットは、装着したときにハブボルトが見える形をしています。全体の高さを抑えられるので、ホイールキャップを装着する場合にオススメです。

袋式はその名の通りナットが袋のような形をしているため、ハブボルトを隠せて足回りをスッキリ見せる効果があります。

ショートとロングは、ホイールナットの長さのちがいです。ホイールナットが長いと、脱着作業がしやすいなどのメリットがありますが、あまりに長すぎると車体からはみ出す恐れがあります。

車体からホイールナットがはみ出せば、車検には通りません。接触事故などの危険性もあります。車体の内側に収まる長さを選びましょう。

ホイールボルトは、輸入車に多く見られる形状です。車体側にねじが切ってあり、ナットではなくボルトで固定するタイプです。

それぞれの車やホイールに合った種類のホイールナットを選んでください。

3. OEM車は要確認

OEM車の場合、メーカー別でホイールナットを選ぶと合わない可能性があります。

OEM車とは、他社で製造した車を自社の商品として販売している車です。たとえば、スズキのスペーシアはマツダのフレアワゴンとして販売されています。同じような形なのに、メーカーのマークがちがう車を見かけたことがあるのではないでしょうか。

OEM車は、販売されているメーカーではなく、製造したメーカーの仕様になっているケースがあります。

車のメーカー名だけでホイールナットを選んでしまうと、サイズや形状が異なる場合も考えられます。

必ず製造されたメーカーの情報や、現車での確認を行いましょう。

参考:OEM車一覧(株式会社ツールプラネットさま)

また三菱の軽自動車は、車体側のハブボルトという部分が長く、一般的なテーパー座ナットよりも長めに作られています。ショートナットを使用すると底づきするため、デイズ・ekワゴン等にお乗りの方はご注意ください。

知らずに装着すると最後までしっかり止めることができないので緩んでくる可能性がありますので気をつけて下さいね。

ナットの形状が合わないと危険

ナットの形状が合わないと危険

形状の合わないホイールナットを使用するのは非常に危険です。ナットのサイズとピッチ(ねじ山の間隔)が合っていれば大丈夫と思われがちですが、実際はちがいます。

ホイールナットと取り付け座面の形状が合わないと、ナットが緩んで走行中にホイールが外れる恐れがあります。本来ならしっかりと密着して固定されるはずのホイールとナットですが、ちがう形状だと接地面が一致しません。

そのため、走行中にかかる負荷や振動でホイールナットが緩み、脱輪する可能性があります。

たとえば、ペットボトルを種類のちがうふたで閉めようとしても、最後まできちんと閉まらなかった経験はありませんか?

サイズは同じに見えても、形状が異なるとしっかり固定はできません。間違えやすいのは、テーパー座と球面座です。必ず形状の合うものを使用するようにしましょう。

また、ナットのピッチサイズが合っていないとハブボルトが傷つき、最悪の場合折れてしまうこともあります。

走行中の足回りのトラブルは大事故につながるケースもあります。安全に走行するためにも、車やホイールに合ったナットを装着するようにしてください。

自分でナットを交換するときの注意点

自分でナットを交換するときの注意点

ホイールナットを交換するときの注意点を解説します。

  1. 対角線上にナットを締める
  2. 必ず規定トルクを守る

ホイールナットは、取り外して装着すればいいだけではありません。走行中に負荷がかかる部分だからこそ、注意点をよく理解して確実に取り付けを行いましょう。

1つずつ解説します。

1. 対角線上にナットを締める

ホイールナットは、必ず対角線上に締め付けるようにしてください。間違った順番で締めてしまうと、ナットを締め付ける力が偏ってしまい、ゆがみが生じてしまいます。

すべてのナットがしっかり締まらず固定できなかったり、たとえ締まったように見えても精度が悪くすぐに緩んでしまったりします。ホイールを取り付けたら、位置がズレないように足で抑え、まずは工具を使わずに指で仮付けしてください。

次に、工具を使って対角線上に締めていきます。4穴なら順番に、5穴、6穴なら星マークを描くように締めていくとわかりやすいでしょう。

4穴の場合のナットを締める順番

4穴の場合

5穴の場合のナットを締める順番

5穴の場合

6穴の場合のナットを締める順番

6穴の場合

ホイールを取り付けるときに、1本だけ最後まで締めきってしまうのは避けたほうがいいです。反対側の取り付け面が浮き上がり、無理やり力を加えてナットを締めると、ハブボルトに負担がかかります。まんべんなく力がかからないと、ホイールナットが緩む原因にもなります。

しっかりと固定するためにも、必ず順番は守ってください。

2 .必ず規定トルクを守る

ホイールナットを取り付けるときは、規定トルクでの締め付けが必須です。決められた力で締められていないと、ナットが緩み走行中に外れる可能性があります。

たとえば、日産ノートの締め付けトルクは以下の通りです。

日産ノートの締め付けトルク

上記の取扱説明書のように、ホイールナットの締め付けトルクは「108N・m」を指定しています。このように、指定された締め付けトルク以外の強さで締め付けをしても、ネジは緩んでしまいます。

また、締めすぎもいけません。ハブボルトやホイールナットの破損、ホイールの変形など、あらゆるトラブルの原因になります。必ずトルクレンチを使用し、決められた力で締め付けるようにしましょう。

タイヤ交換時はトルクレンチを使用しよう

トルクレンチとは、ボルトやネジ、ナットなど決まったトルク(締め付け力)で締めるための工具です。
ホイールナットを工具で締め付けたあと、ジャッキからおろした状態で使用します。走行中に不具合を起こさないためにも、規定トルクを守って取り付けを行ってください。

ナットが外れない(回らない)原因と対処法

ナットが外れない(回らない)原因と対処法

ナットが回らない原因は、主に以下の3つが考えられます。

  1. 錆による固着
  2. ゴミの噛み込み
  3. ピッチが合っていないナット使用

車とホイールは、車側からでているボルトとホイールを止めているネジ(ナット)とで固定されています。どちらも金属なので、融雪剤による錆や経年劣化による錆により固着してしまっている場合があります。

ネジ山のピッチが合っていないネジやボルト・ナットが使われてしまい、雄ネジ・雌ネジのネジ山同士が噛み合わない状態になっている、というのが3番目のパターンです。

ネジを外せたとしても、ネジ山を修正しなければいけないので、結果的には、ボルトもナットも部品交換が必要になります。

ナットが外れない場合の対処法

ナットが外れない場合は、まずはWD-40やPBブラスターなどのオイルを使用してみてください。オイルをナットとボルトの間にしみ込ませ、数時間待ってから、ナットをゆっくりと緩めてみましょう。

それでも外れない場合は、ペンチやレンチを使ってみる、ナットの頭を叩いて緩めるというような方法もあります。

最終手段としては、ナットツイスターを使用する方法もあります。ナットツイスターとは、損傷したボルトを取り外すための工具です。
ボルトを損傷するため、最後の手段として使用されます。ナットツイスターを使用したボルトは再利用できません。

ナットの錆をとる方法

ナットの錆の主な原因は、酸素と水分が含まれた空気が、ホイールナットの金属部分に触れることで引き起こされる化学反応です。

ホイールナットの錆が広がると、ホイールだけでなくタイヤ全体の機能にも影響を及ぼします。そのため、ナットの錆に気づいたらすぐに取り除くことが大切です。ナットの錆をとる方法は以下の5つです。

  1. ワイヤーブラシを使う
  2. 錆取り剤を使う
  3. 重曹を使う
  4. クエン酸を使う
  5. 専門業者に依頼する

自宅で簡単にできる方法もあるため、ぜひ試してみてください。詳しい方法は以下の記事も参考にしてみてください。

ホイールナットは合うものを選ぼう

ホイールナットは合うものを選ぼう

ホイールナットを交換すると、ドレスアップや盗難防止効果が期待できます。自分好みの足回りを演出しながら、大切なホイールを守れるメリットがあります。

サイズや形状はメーカーや車種によって異なるので、必ず自分の車に合ったものを取り付けるようにしましょう。

タイヤワールド館ベストでも、ホイールナットを取り扱っております。当店のオンラインショップで購入の場合は、車種情報からピッタリのサイズ・個数のナットをお届けします。
全国に約4,000の提携店舗があり、どのエリアの方でも利用しやすくなっています。

ぜひお気軽にお問い合わせください!