カテゴリー
多賀城店

タイヤ交換の目安をプロが分かり易く解説します!

タイヤの溝がないというのはどこを基準に判断するのか

夏タイヤがすり減り、残っている溝の深さが1.6mmになると、スリップサインと呼ばれるマークが出てきます。1箇所でもスリップサインが出たタイヤは、道路交通法で装着・使用が禁止されています。(車検も通りません)

なお、スリップサインが出ているタイヤを装着すると整備不良車両になり、制動装置等の整備不良として交通違反で2点の加点と6,000円〜12,000円の反則金が科せられるので注意しましょう。

タイヤが路面と直接接する部分であるトレッド部にある溝や切れ込みは、総称して“トレッドパタン”と呼ばれ、主に3つの性能があります。

  • タイヤと路面の間から水を除去する
  • タイヤの駆動力、制動力、静止力(ブレーキ)の確保
  • クルマの操縦安定性、タイヤの放熱性の向上

トレッド部分の溝が浅くなると、上記の性能が低下します。特に、雨の日の高速走行時には排水性能が低下して、溝を通して十分に水を吐き出すことができず、タイヤが路面を滑りブレーキやハンドルがきかなくなるハイドロブレーニング現象が発生しやすくなります。
そのため、制動距離が急激に大きくなる残り溝4mmが、夏タイヤを安全に使用できる寿命の限界といえます。

左が溝のないタイヤ、右が新品タイヤになります。溝の深さは一目瞭然!

ハイドロプレーニング現象とは、タイヤが水膜によって浮いてしまう現象のことで、滑りの原因となります。
新品タイヤでも速度をあげていくと発生し、溝が浅くなるとより低い速度からその現象が発生することが試験によって確認できています。
溝が無い=水が逃げない
という事です。

身近なもので溝の有無を調べる方法

タイヤの摩耗度合いを知るために、10円玉も役立ちます。
溝の深さを正確に測ることはできませんがタイヤ交換の目安を知る程度でしたら10円玉で十分でしょう。
10円玉を逆さにして「10」側をタイヤの溝に差し込みます。もし「10」が全て見えていたら、溝の高さは4mm以下ですので、タイヤ交換の検討を始める時期です。

溝が無いタイヤは10円玉を差し込んでもほとんど埋まりません!

また、10円玉の左右いずれかを差し込んでも測定できます。
弧を描いている葉の模様の中央の葉が完全に隠れれば溝の深さは十分です。
葉が半分見えているようであればそろそろタイヤ交換を考えましょう。完全に見えるようであれば早急にタイヤ交換が必要です。

タイヤのひび割れがないかチェック

ひび割れはタイヤのゴムが劣化したり内部のワイヤーが切れていたりする可能性があるので、バースト事故などの原因ともなります。

このようにヒビが入っているとキケンです!

タイヤを使い始めてから何年経過しているか

タイヤはゴム製品です。そのため、ゴムの特性が経時劣化するのに伴い、タイヤの特性も変化します。時間が経つにしたがってタイヤのゴムからは油が揮発し、次第に柔軟性が失われてしまうのです。

地面と接している部分がしっかりと路面をつかめなくなると、ブレーキやハンドリングに影響が出てしまいます。

使用開始後5年以上経過したタイヤは、継続して使用できるかタイヤ販売店等で点検を受けましょう。また、外観上では溝がしっかりと残っていても、製造後10年経過したタイヤはゴムの経時劣化が進んでおり、安全面での性能が保証されないため、新しいものに交換することをおすすめします。

タイヤのサイド部分に製造年が刻印されています。

タイヤの寿命の長さは、残り溝の深さ以外に、扁平率や直径、用途、種類や摩耗の状態、クルマの乗り方によっても変わってきます。

残り溝50%程度がタイヤの性能を発揮できる寿命であり、交換時期の目安になります。4mmは、あくまで平均です。
タイヤの種類や扁平率によって多少異なるため、4mmにこだわらずトレッド部分が50%ほど摩耗したら交換を検討しましょう。

バルブも消耗品なので一緒に交換しましょう

ゴムバルブはその名の通り、その大部分がゴムでできている部品と、プラスチックや金属製の蓋に加え、空気の逆流を防ぐ作用を持つ、通称「虫ゴム」と呼ばれるバルブコアの3つで成り立っています。このゴムバルブの全長は、ホイールに隠れている部分を含めても数センチ程度と小さなものですが、タイヤと同様ゴム製であるため、経年で劣化し、その耐用年数は2~3年と言われています。なお、前述したゴム製の本体部分が金属でできている特殊なものもあり、そちらの耐用年数はゴム製と比べ非常に長くなっています。

一般的な車種はほとんどがゴム製なので、数年に一度は交換しなくてはなりません。本体が無事でもバルブコアが痛んでそこから空気が漏れ出し、交換しなくてはいけないケースもあります。
交換するためにはタイヤをホイールから外すという作業が必要の為、タイヤ交換の際に一緒に交換をオススメしています。

まとめ

タイヤは消耗品だとわかっていても、いつ交換したらいいのか、今自分が使っているタイヤに問題がないか不安な方もいらっしゃると思います。当店では無料で空気圧点検やスタッフがお客様のタイヤの溝の確認もさせて頂きますのでお気軽にご来店ください。

オンラインショップhttps://tireworldkan.com/
店舗一覧https://tireworldkan.com/shop.html

多賀城店

多賀城店 TEL: 022-366-7811 住所:宮城県多賀城市八幡1-1-5 アクセス:仙台国道45号線沿い 営業時間:10:00~19:00  アクセスマップ LINE追加 ご予約はこちら

キーパープロショップ
オンライン商談
カテゴリー
栗生店

タイヤ交換の〆はトルクレンチで適正トルクをかける事で安心です

タイヤ交換の際に『トルクレンチ』という言葉を耳にしたことはありませんか?
『トルクレンチ』は安全にお車を乗っていただくために大切な作業になってきます。
本日はトルクレンチについて詳しくご紹介していきますね!

トルクレンチで最後締めるのは必ず必要なのか?

『トルクレンチ』とは所定のトルクでねじを締め付けるための
作業用工具と、締め付けられたねじのトルクを測定するための測定用工具に使用されるレンチ状の形をしたものの総称です。

『トルクレンチは、
タイヤ交換時に欠かすことのできないもので、適正トルクでの調整を可能とする工具です。
タイヤのパンクなどでスペアタイヤへ交換作業をするとき、
トランクにトルクレンチがあれば作業の正確性と、安全性は格段にアップするでしょう。

タイヤ及びホイールは、車の安全にかかわる重要なパーツなので
最後にトルクレンチをかける事が大切です!

全車種同じトルクをかけて大丈夫なのか?

全車種同じトルク出かけてはいけません!

車種やメーカーによってそれぞれ指定された適正トルクがありますが、一般的には
▸普通車の場合は10~12Kg(約100~120N・m)、
▸軽自動車の場合は8~10Kg(約80~100N・m)
とされていることがほとんどです。

直接、カーディーラーやカーショップに問い合わせる事をおすすめします。

トルクをかけすぎた場合と弱すぎた場合の危険性

間違った締め方をしてしまうと、
ナットが折れたり破損したりと命に関わる重大な事故が起きてしまう原因となります。
車やホイールの指定のトルクを必要以上に超えて締め付けると、ナットやボルトに力がかかりすぎて折れてしまうことがあります。

強くかけすぎた時(オーバートルク)

▸規定を超えるトルク値で部品を締め付けることを
「オーバートルク」といいます。
オーバートルクになった場合、例えばナット部分が破損したリ、ネジ山がつぶれたり、ボルト部分が伸びてきってしまうことがあります。

弱くかけ過ぎた場合

▸トルクレンチを弱くかけてしまうとねじが緩み地震・風などによる振動によって、時間をかけて少しずつ回るためねじが抜けやすくうなり。非常に危険です。
定期的に点検をおすすめ致します。

ベストではお客様と確認しながらトルクチェックを行います!

ベストではお客様と一緒に納車の際に立会いでトルクレンチの確認をしております。お客様に立ち合いをしていただくことで安心・安全にお客様にお車を乗っていただけます!
また200㎞程走行したら再度トルクレンチの締め付けをおすすめしていたので、ぜひお近くのタイヤワールド館ベストまで!

まとめ

本日はトルクレンチについてご紹介させていただきました。
お客様自身でタイヤ交換をしている方もいらっしゃると思います。トルクレンチを忘れてしまうと走行した際にタイヤが外れてしまったりと非常に危険です。トルクレンチ締め付け確認・無料点検など行っているのでお近くのベストまでお問い合わせください!皆様のご来店スタッフ一同心よりお待ちしております!

カテゴリー
タイヤ知識 栗生店 パンク

車のバーストは危険!タイヤがバーストする原因や対処方法を解説!

タイヤのバーストが起きてしまう原因は?予兆や修理可否についても解説

「車がバーストする原因を知りたい」
「バーストしたらどうすればいいの?」

上記のようにお悩みの方は少なくありません。

車のタイヤがバーストした場合、運転者や同乗者、最悪他者を巻き込む大きな事故につながるため適切な対処が必要です。本記事では、車がバーストする原因や対処方法、バーストを未然に防ぐ方法を解説します。

車のバーストとは?

車のバーストとは?

車のバーストとは、走行中にタイヤが突然破裂する現象です。タイヤに負担がかかり続けることでタイヤ内部が発熱し、タイヤが破裂します。

大きな爆発音と同時に衝撃も加わりハンドル操作ができなくなるため、車が意図しない動きをしてしまう特徴があります。

最悪の場合、周囲を巻き込む大事故につながり死亡事故に発展するケースも少なくありません。車のタイヤのバーストは、非常に危険な現象です。

パンクとバーストの違い

パンクとバーストの違い

「パンクと何が違うの?」「なぜ走行中に破裂するの?」
このように思う方も少なくありません。
パンクとバーストの大きな違いは、空気の抜け方です。具体的にタイヤの空気がどのように抜けるか、以下の表でまとめました。

トラブルの内容 空気の抜け方 トラブルの気付きやすさ
パンク 徐々に抜ける 気付きにくい
バースト 一気に抜ける すぐ気付く

「パンクならタイヤの空気は徐々に抜けるからまだ安心」と思わず、パンクとバーストの危険度は同等と考えた方がよいでしょう。

理由はパンクしたタイヤの空気圧は徐々に低下し、タイヤの空気圧が低下した状態で走行を続けた結果、バーストにつながるからです。

バーストは大変危険なトラブルですが、パンクも大きな事故につながる可能性があります。
タイヤに問題があった場合は早急に対処し、トラブルは未然に防ぎましょう!

車がバーストする原因

車がバーストする原因

車のタイヤがバーストする原因はさまざまです。
タイヤのバーストを予防する方法は後述しますが、タイヤがバーストする原因の理解も大切です。
車のタイヤがバーストする原因を理解すれば、より安全な走行につながります。
本章では、車のタイヤがバーストする原因を解説します。

  1. タイヤの空気圧不足
  2. タイヤの劣化
  3. タイヤにキズ
  4. タイヤの負荷能力以上の衝撃

1.タイヤの空気圧が不足する

タイヤの空気圧が不足した状態で走行を続けた場合、タイヤがバーストする可能性が高くなります。

タイヤの空気圧が低い状態で高速道路を走行した場合、タイヤの表面が波状に変形するスタンディングウェーブ現象が発生しやすくなるからです。

スタンティングウェーブ現象が発生した場合、タイヤは以下のような形状に変形します。
【低空気圧でのスタンディングウェーブ現象実験例】

【低空気圧でのスタンディングウェーブ現象実験例】

引用:ダンロップ公式サイト

上記のような現象が起きた場合、タイヤが発熱しタイヤの形状を保つための補強材が破損し、タイヤのバーストが発生します。

またタイヤの空気圧は高すぎてもいけません。とくに暑い時期はタイヤ内部の空気が膨張しやすくなるため、注意が必要です。

タイヤ内部の空気が膨張した状態で走行を継続した結果、タイヤのバーストにつながります。

タイヤの空気圧が適正値より低くても高くてもバーストの危険があることを忘れてはいけません。

タイヤのバーストを避けるためには、日頃からガソリンスタンドなどで空気圧を点検し、トラブルを未然に防ぐことが重要です!

2.タイヤが劣化する

タイヤがバーストする原因のひとつとして挙げられるのが「タイヤの劣化」です。

タイヤを構成する素材の半分以上はゴムでできています。タイヤのゴムの性質上、未使用のタイヤでも時間が経つとともにゴムが硬くなり、タイヤにひび割れや亀裂が発生するなど、タイヤは必ず経年劣化して状態が悪くなります。

ひび割れが発生したタイヤは、以下の写真のような状態です。

ひび割れが発生したタイヤ

タイヤに上記のような深いひび割れが発生した場合、一般的にはすぐにタイヤ交換を実施します。

タイヤの深いひび割れを無視して走行した場合、タイヤのひび割れた隙間から水などが侵入し、タイヤの内部にある鉄のワイヤーまで到達し、サビが発生します。タイヤ内部にサビが発生した場合、タイヤは以下のような状態になるため危険です。

● タイヤ内部のワイヤーが断裂する
● タイヤの強度が低下して走行中の負荷に耐えられなくなる
● パンクする

タイヤの劣化に伴うひび割れや亀裂は、上記のような状態になりやすいため注意が必要です。
「愛車のタイヤの状態は大丈夫だろうか?」「そろそろタイヤの買い替え時かな?」
このようにお悩みの方は、カーショップやタイヤ専門店でタイヤを点検してもらうのがおすすめです!

3.タイヤにキズがつく

「釘が刺さった」「縁石に乗り上げてしまった」
上記のようなタイヤのキズは、経年劣化に関係なく発生するトラブルのひとつです。

タイヤにキズが発生した場合、先述した空気圧不足やタイヤのひび割れ同様に、タイヤへの負荷が大きくなってしまいます。

タイヤのキズによりタイヤへの負担が大きくなり続ければ、タイヤ内部の発熱につながりバーストが発生します。たとえば以下の写真は、タイヤに穴が空いたキズや釘が刺さったタイヤです。

イヤに穴が空いたキズや釘が刺さったタイヤ

上記のような穴や釘刺しを発見したら最寄りの店舗に相談し、早急にタイヤ交換を実施しましょう!また日頃からタイヤにキズなどの損傷や異常がないか、ご自身の目でこまめにチェックすることも重要です!

4.タイヤの負荷能力以上の衝撃が加わる

タイヤに負荷能力以上の衝撃が加わった場合、バーストするリスクが高まるため注意が必要です。

タイヤのサイズや種類によって、タイヤ1本が支えられる最大負荷能力が決まっています。1本のタイヤが支えられる最大負荷能力をロードインデックスといい、この最大負荷能力を超えた衝撃がタイヤに加わった場合、タイヤがバーストする可能性があります。

またロードインデックスは車両に決められた空気圧が適正値だからこそ、最大負荷能力まで耐えることが可能です。

つまりタイヤの空気圧が不足している場合、1本のタイヤが最大負荷能力まで耐えられないため、バーストの危険性が高い状態のタイヤを使用していることになります。

タイヤが常に最大限負荷の衝撃に備えられるように、タイヤの空気圧は適正値に保つように心がけましょう!

ロードインデックスについては【ロードインデックス(LI)とは?ロードインデックスの見方と注意点を解説】の記事も参考にしてください。

車がバーストしたら絶対にそのまま走行してはいけない

車がバーストしたら絶対にそのまま走行してはいけない

車がバーストしたら絶対にそのまま走行してはいけません。
「まだ少しなら走れそう」このような考えでタイヤのバーストを対処しないまま走行した場合、最悪命にかかわる大事故につながります。
たとえばタイヤがバーストした状態で走行した場合、以下の危険があります。

● 残り3本のタイヤが損傷する
● 車体やホイールが損傷する
● タイヤが発火し車両に引火する

上記の危険は自身のみならず、最悪他者も巻き込んでしまう危険も考えられます。タイヤがバーストしたときは、必ず早急に対処しましょう!

車のタイヤがバーストしたときの対処法

車のタイヤがバーストしたときの対処法

「車のタイヤがバーストすると考えただけで頭が真っ白になりそう」
「バーストしたら何からすればいいのかわからない」

タイヤのバーストは、できれば避けたいトラブルのひとつです。しかしタイヤがバーストした場合、必ず対処しなければいけません。
本章では、車のタイヤがバーストしたときの対処法をわかりやすく解説します。

● 安全を確保できる場所に停車
● スペアタイヤに交換する
● ロードサービスに依頼する

安全を確保できる場所に停車

車のタイヤがバーストしたときの最優先事項は、安全の確保です。
一般的にタイヤのバーストは走行中に発生するため、あなたが運転する車以外にも及ぶ可能性があることを忘れてはいけません。
たとえば高速道路でタイヤがバーストした場合、停車方法は以下の通りです。

  1. 急ハンドルや急停車をせずにハザードを点灯する
  2. ゆっくり路肩に停車させる
  3. 車両後方50m以上距離をとって停止表示板を設置する
  4. 運転者や同乗者も安全が確保できる場所に移動する

上記のように、車以外にも運転手や同乗者の安全の確保も重要です。タイヤがバーストした場合、まずは安全の確保を最優先しましょう!

スペアタイヤに交換する

タイヤがバーストしたあとに安全な場所が確保できた場合、スペアタイヤをお持ちの方はタイヤ交換が可能です。ただしスペアタイヤに交換する場合、以下の注意点を確認しておきましょう!

● 安全にタイヤ交換できる場所を確保できているか
● スペアタイヤはあくまで応急処置であり、必ずタイヤ交換が必要

上記のように、安全な場所が確保できてもタイヤ交換に必要な十分なスペースがない場合、スペアタイヤの交換はできません。

またスペアタイヤは応急処置として使用するタイヤであるため、必ずタイヤ交換が必要です。
事故を未然に防ぐため、安全に作業できるスペースを必ず確認しましょう!

タイヤの交換方法については【タイヤ交換を自分でする手順は?トラブルを防ぐための注意点も解説】の記事を参考にしてください。

ロードサービスに依頼する

「安全に作業できる場所を確保できたけどスペアタイヤがない」
「スペアタイヤはあるけど自分にはタイヤ交換する自信がない」

上記のようにお悩みの方は、ロードサービスがおすすめです。

ロードサービスはスペアタイヤの交換作業や故障車けん引など、トラブルに応じたサービス内容が充実しているため、当事者におすすめのサービスです。たとえばJAFでは、以下のようなトラブルも解決してくれます。

JAF

引用:JAF

上記のようにさまざまなトラブルにも対応してくれるため、万が一の事態に役立つサービスです!

ただし加入中の自動車保険によってはロードサービスが付帯されているため、ロードサービスに依頼する前に必ず確認しておきましょう!

車のタイヤのバーストを予防する方法

車のタイヤのバーストを予防する方法

「タイヤのバーストは起こしたくない」「安心して走行したい」
車のタイヤの経年劣化は避けられませんが、タイヤのバーストを避けることは可能です。

イヤのバーストを未然に防ぎ安心して走行するために、車のタイヤのバーストを予防する方法を解説します。

● タイヤの空気圧はメーカー指定の空気圧にする
● タイヤの摩耗状態を確認する
● 運転前にタイヤ傷の状態を確認する
● タイヤに強い衝撃が加わる場所を避けて走行する

タイヤはメーカー指定の空気圧にする

タイヤはメーカー指定の空気圧にするだけで、バーストを未然に防ぐことが可能です。
タイヤの指定された空気圧に設定することで、タイヤのもつ本来の走行性能をはじめて発揮できます。
タイヤの走行性能(役割)は、以下の通りです。

● 車両の重量を支える
● 駆動力、制動力を路面に伝える
● 方向を転換・維持する
● 路面からの衝撃を和らげる

参照:ブリヂストン

タイヤの空気圧をメーカー指定の数値に設定することで、上記のようなタイヤの役割を発揮してくれます。

一方タイヤの空気圧が高すぎても低すぎてもバーストの危険性は高まってしまいます。タイヤのバーストしないために、タイヤの空気圧はメーカー指定の空気圧に設定しましょう!

また1ヶ月に1度空気圧点検を行うのが理想ですが、高速道路を走行する予定がある際などはとくに意識して点検することが重要です。

一般的には運転席ドア開口部の下部分に、適正空気圧を表示したラベルが貼付されています。

適正空気圧を表示したラベル

引用:ダンロップ公式サイト

当店でも無料で空気圧点検を承っておりますので、いつでもお気軽にお越しください!

タイヤの空気圧については【タイヤの空気圧の量が分からない!見方と注意点!】の記事も参考にしてください。

タイヤをローテーションする

タイヤをローテーションすれば、バーストの発生を予防できるだけでなくタイヤを長い間使用できることにもつながります。
タイヤのローテーションとは、4本のタイヤの摩耗状態を均一に近づける作業です。タイヤのローテーションを実施すると、以下の効果が期待できます。

● 偏摩耗を予防できる
● 車体の振動や異音を予防できる
● タイヤが長持ちする
● タイヤにかかるコストを削減できる

上記のようにバーストを未然に防げるだけでなく、トータル的にタイヤにかかるコストの削減が可能です。ただしタイヤの摩耗を放置した場合、以下のコストが発生する可能性があります。

タイヤの状態 発生するコスト
タイヤがバーストする ● タイヤ交換費用
● タイヤ以外の損傷パーツを修理または交換
タイヤに偏摩耗が発生する ● タイヤ交換費用
● バランス調整費用
4本のタイヤのバランスが悪くなる ● タイヤのバランス調整費用
アライメントが崩れる ● アライメントの調整費用

上記のようなコストの発生を未然に防げる可能性が高くなるため、タイヤのローテーションはおすすめの方法です!

タイヤのローテーションについては【タイヤローテーションは長持ちの秘訣!スペアタイヤや4WDについても解説】の記事も参考にしてください。

運転前にタイヤの傷やひび割れの状態を確認する

運転前のタイヤチェックも、車のバーストを防ぐ有効手段のひとつです。

タイヤの傷やひび割れは目視で簡単にチェックできます。たとえばタイヤの状態が以下のような場合、最寄りの店舗で対処することをおすすめします。

● タイヤに釘が刺さっている
● タイヤに大きなひび割れがある

上記のような状態では、タイヤがパンクしている可能性も考えられます。パンクしたタイヤで走行した場合、タイヤの空気圧不足によりスタンティングウェーブ現象が発生し、最悪バーストしてしまうかもしれません。

タイヤに傷やひび割れを発見した場合、パンクしている可能性も考慮し最寄りの店舗で点検してもらうことがおすすめです!

タイヤのひび割れについては【【危険】タイヤのひび割れは補修すべき?原因や対処法を解説】の記事を参考にしてください。

タイヤに強い衝撃が加わる場所を避けて走行する

タイヤに強い衝撃が加わる場所を避けて走行することも、バーストを予防する方法のひとつです。
「車のタイヤはバイクや自転車と比較して丈夫だから問題ない」
「走行中に強い衝撃がある場所でも気にしていません」
たしかに車のタイヤは、バイクや自転車と比較すれば丈夫です。しかし縁石や悪路などタイヤに強い衝撃が加わる場所を走行すれば、タイヤ内部の金属素材にダメージが加わります。

タイヤ内部に衝撃が加わり続けた場合、タイヤの骨格である金属素材が断裂してパンクやバーストにつながります。

タイヤのバーストを未然に防ぐために、タイヤに強い衝撃が加わる場所の走行は避けましょう!

バーストを未然に防いで安心してカーライフを満喫しましょう!

バーストを未然に防いで安心してカーライフを満喫しましょう!

あらためて、本記事では以下の内容を解説しました。

● 車のバーストとは?
● パンクとバーストの違い
● 車がバーストする原因
● 車がバーストしたら絶対にそのまま走行してはいけない
● 車のタイヤがバーストしたときの対処法
● 車のタイヤのバーストを予防する方法

安全に走行するためには、バーストを未然に防ぐための対策が重要です。安心してカーライフを満喫するために、車のバーストは未然に防ぎましょう!

タイヤワールド館ベストではタイヤの点検やローテーション、タイヤ交換まで対応しております!タイヤの状態が気になる方は相談からでも承っておりますので、ぜひ一度ご連絡ください!

オンラインショップhttps://tireworldkan.com/
店舗一覧https://tireworldkan.com/shop.html

栗生店
栗生店
TEL: 022-796-6411
住所:仙台市青葉区落合4-1-1
アクセス:旧48号線沿い
営業時間:10:00~19:00

キーパープロショップ

オンライン商談

カテゴリー
ヤリスクロス 古川店 RAYS インチアップ 車高調 タイヤ交換

【古川店】GRヤリスRYASボルクレーシングTE37SAGA S-plus!!

こんにちは!BEST古川店です!!
今回はTOYOTA GRヤリスのホイール交換になります!!

取付させて頂きますホイールはこちら!
RYASボルクレーシングTE37SAGA S-plus!!

さすがはRAYS!昨年12月末にご成約頂きまして
ようやく入荷いたしました‼
なんと4ヶ月待ち…大変お待たせいたしました(´・ω・`)

作業させて頂きますお車はこちら!
GRヤリス!!

こちらは純正ホイール!ホイールの納期に時間を要するため
同時購入頂き先に納めさせて頂いたスタッドレスタイヤが装着されてます!ダンロップWM02!225/40R18 92T XL!!
こちらのタイヤはカタログにも掲載されてない専用サイズ!

純正ホイールなかなかカッコイイ!しかも妙に軽いなぁと思ってよく見ると、なんとBBS製!鍛造ホイールだ!!(; ・`д・´)

ダイヤモンドダークガンメタカラーのホイールに真っ赤な
キャリパーが映えてとってもカッコイイです!!

もちろんTPMS(空気圧センサー)も装着いたしました!!

完成!!

この度は納期が掛かってしまい大変申し訳ございませんでした!待った甲斐もありお客様のご要望通りの仕上がりになりご満足頂けました!誠にありがとうございます!

大好評!keeperコーティング!1級資格取得者2名在籍!!
大好評につき6月も延長決定!!
タイヤワールド館ベスト古川店  宮城県大崎市古川穂波3-1-31

アクセス 古川国道4号沿い TEL0229-25-4611 営業時間10:00~19:00

?マップhttps://goo.gl/maps/2fLkHNvQZ72jabfy8